ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

カテゴリ: リアルテックオリジナル

昨年より進めていた、サーキットユーザー向けのオリジナルRX-8用フルチタンマフラーの装着確認もようやく済み、サーキットでのタイムアタックイベントでも快音を響かせていますので、正式に販売開始します。

昨年末、筑波レコードタイム、富士SWノーマルエンジンレコードタイムを出したRX-8に装着済みです。

20211129_111849

発売前から噂と快音を聞いて、すでに何台かオーダーもいただいております。

パイプ径は、高回転でレネシス・エンジンが一番活きるサイズΦ70で、ノーマルエンジンからチューンドエンジンまで対応です。サイレンサー内も絞り無くΦ70です。

もともとは長年デモカーで使用していたサブサイレンサー付きのスペック↓のみにしようと思っていたんですが、
20211110_141010

音がでかくてもいいからとにかく軽いマフラー作れ!ってガチ系の人たちに言われましたので、サブサイレンサー無し↓も設定しました。
20211129_111516

しかしながら、音量が大き過ぎてサーキットで怒られたり、使用してすぐにグラスウールが飛んでいってサイレンサーが抜けて音量が大きくなったっていうのが嫌なので、
サイレンサー内の消音材は耐熱性の高い高性能アドバンテックス・グラスウールを使用し、
さらにサイレンサー容積に対して一般的に使用する倍の量のグラスウールを圧入して詰め込んで、サーキットでガンガンに使っても、抜けづらく快音がより長く続くようにしました。
サブサイレンサー有り無しでパワーは変わりません。

さらに、厳選したチタンのパイプ素材に歪みづらいフランジの厚さ、熟練職人さんによって1本1本丁寧に製作しており、割れづらく美しい溶接と仕上がりもポイントです。

せっかく作るならってんで、必要なところやこだわるところにはしっかりコストを掛けてます笑


REAL-SPECフルチタンマフラー (競技専用) 前期・後期それぞれ
・メインパイプΦ70・テールパイプΦ100 サブサイレンサー有り 重量約8.5kg 定価 税抜370,000円・税込407,000円)
20211129_104433

・メインパイプΦ70・テールパイプΦ100 サブサイレンサー無し 重量約6kg 定価 税抜320,000円・税込352,000円)
20211129_105304
すべて受注生産となります。
軽さとパワーの両立を求める方は是非どうぞ。

今日は、週末に多くオーダー頂いた通信販売のRTオイルを大量に出荷。

RT-01、RT-02、RT-11、RT-21、RT-22、RT-plus、RT-35とまんべんなく多くの種類のオーダーいただきました。
20211213_140838
これで出荷分の一部です。

午前のご来店作業後、昼前から、オイル作って~伝票作って~送り状作って~梱包して~と出荷までの一連の作業だけで夕方まで掛かってしまいました。

ちなみに、RT-01、RT-02以外のオイルはオーダーをもらってからオイルをボトリングしますので、出来たてホヤホヤでお送りしております。
RT-01も作ってから1ヶ月以内の新鮮オイルになりますが~。


たくさんのご注文ありがとうございました。


年末年始のお休みでオイル交換したいって方も多いと思います。
年内の出荷は、12月27日までになりますので、ご用命の方はお早めにオーダーください。

※オイルオーダーの際のお願い
ご注文の際はHPにある必要事項(オイル銘柄・数量・郵便番号・住所・お名前・電話番号)をどれも欠かさず必ず記載してメールしてください。
特に、リピートオーダーの方だと、住所や電話番号を記載してないメールを多くいただきますが、
配送間違い防止のためにも、必要事項は必ずすべて記載した上でメールしてください。


大人気の最強のRE用エンジンオイル添加剤・RT-plus。

温度(気温)が低くなると、添加剤の成分が容器の中で分離します。
20211104_185243
容器の下に白い部分が見えると思います。

エンジンに入れちゃえば分散しますし、エンジン掛かれば撹拌されるので、性能になんら問題ありませんが、
注入の際はしっかり残さず入れてもらえるように、以下のように注入してください。


まず、容器を逆さまにして10~20回くらい左右に振ります。
20211104_185300

すぐ混ざります。
20211104_185315

混ざったら、オイル注入口からこぼさない様にしながら、一気に全量注入してください。
容器を逆さまのままちょっと放置してもらうと、完全に入りきると思います。
目安は容器が茶色から白く見えるようになればOK。
20211129_170259

あとは走れば、自然とトルクが出てきます。

RT-plusの性能をぜひ堪能してください!



今月は鼻血が出そうなくらい忙しくて、ツイッターはちょくちょく書いてましたが、なかなかブログまでたどり着いていませんでした。
今日は台風接近ということもあり、安全のためご来店作業はすべて日程変更してお預かり車の仕上げ作業に集中出来たので、ちょっと時間ができました。
以下、ちょっと前に途中まで書いた記事を仕上げてアップします笑


先月は夏休みもあり、オイル通販の数量が少なかった感じでしたが、9月になりオイル通販のご注文をたくさん頂いております。

なかなか発送準備にも時間が掛かってしまいますが、早くお届けできるように頑張って発送作業しております。
20210909_110448

最近ですと、RX-7だけでなく、RX-8でも年間走行距離が1000kmにも満たない方が結構いらっしゃいます。
そんな方こそRT-01などRTオイルをお使いいただきたいです。

ここでちょっとウンチクです。

ロータリーエンジンの中で一番磨耗量が多いパーツは、アペックスシールです。
これは、みなさん想像通りですかね?

じゃあ、そのアペックスシールが一番磨耗する状況って、知ってますか?

実は、冷間始動時なんだそうです。
要は、ドライスタートが厳しい。

RX-7・FD3S 5型以降はメタポンノズル(ハウジング側)のバンジョー内にワンウェイバルブを入れて、エンジン停止時にノズルからチューブ側へのオイル戻りを防ぎ、ノズル付近にオイルを貯めやすくするなど、エンジン始動時にハウジング内にすぐオイルが供給できるよう対策を行なってます。

また、RX-8前期のメータリングオイルの供給量をモニタリングしていると、冷間始動後1分間は、最大供給量の半分・温間アイドリング中のオイル供給量の10倍をハウジング内に供給しています。

なので、そこにはエンジンオイルの性能がモノを言います!

油膜が非常に薄く・強く・流れ落ちづらいRTオイル、特にRT-01は、長期保管時のドライスタート抑制や各ガスシールの固着防止に非常に高い効果を発揮します。

現に先日入庫された2年前からリアルテックでもろもろメンテをやらせてもらって、オイルはRT-01お使いいただいているRX-7・FD3Sもこの2年間で1500km走行と余り距離を乗られてませんが、エンジン圧縮圧力を測定すると、
20210910_192920
全体的に40~50kpaアップしてました。

ウチの出動機会のないクルマたちもRTオイルでエンジン固着知らず。
それどころか、圧縮圧力を測っても、ずっと数値を保ってます。
20200219_150308
RTオイルなら、安心して保管できますよ。

あと、これから寒くなってくるとプラグがかぶり易くなってきますが、そんな時もRTオイルが性能を発揮します。
RTオイルを入れとくと、エンジンをチョイ掛けを連続でしまくっても(※良い子はけっして真似してはいけませんが)、プラグがかぶってエンジンが掛からなくなるってことありません。

年間3000kmも乗らないって場合は1年に1回の交換でOKなので、大切なクルマだからこそRTオイルをお選びください。

大好評の、最強のロータリーエンジンオイル添加剤RT-plus が今月出荷分からこっそりバージョンアップしました。
20210720_191944
どう変わったかと言うと、簡単に言うと、今までよりももっとパワーが出ます!

エンジンベンチで測ってもらったら、これまでのRT-plusより、新RT-plusのほうが1~1.5%ほど出力が上がりました。
体感で新旧添加剤の違いはちょっと分からないかも知れませんが、良くなってるのは間違いなし!
あと、カーボンスラッジもより出づらくなってます。

ウチのRX-8で添加剤無し状態に新RT-plusを1本添加して乗ってみたら、
こりゃみんな分かるでしょってレベルで発進から加速が力強く・速くなりました。

性能は上がっても、安心してください。
価格は据え置きです。
1本300mlで、税込5,500円になります。

注)RT-plusを1回入れてしまうと、そのトルク感に病み付きになってしまい、毎回入れないといられなくなってしまいますので、ご利用は計画的に笑




↑このページのトップヘ