ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

カテゴリ: FC関連

ちょっと前に発売された、トミカリミテッドヴィンテージネオシリーズのサバンナRX-7 FC3S 計4台をコンプリートしました。
20200702_152749
このトミカを製作するにあたって型取りに使用された実車のFC3Sは、うちでメンテしてるFCなんですよね。

FDもそうでしたが、小さいのにちゃんと作りこんであっていいね!
しかも、アンフィニ3にちょっとだけ存在したクリスタルホワイトを製品化するなんて、マニアックすぎる笑

今度アンフィニ3のクリスタルホワイトの総台数調べてみよっと。


今回は自分ちのじゃないお預かりのFC3S。
よくあるデフのコンパニオンフランジ・オイルシールからのオイル漏れ修理。
20200602_132911

このFCは走行距離30万kmオーバーで、先端のナットを外して見ると、以前に1回はオイルシールを交換してる模様。
フランジを外して、オイルシールを交換するまでは簡単なんですが、
このコンパニオンフランジは、取り付け時に締め付けナットを締めすぎてしまうと、デフ内のドライブピニオンのベアリング・プリロードを調整するディスタンスピースが余計につぶれてしまって、プリロードがきつくなり、ヘタしたらコンパニオンフランジの回りがかたくなる可能性があります。(そんな風にしちゃったこと無いですが笑、可能性はゼロじゃない)
そうすると、デフ全バラにしてOHになっちゃうので、慎重に作業します。

幸い、規定トルク内でプリロードもきちっと同じになり、問題なく作業完了。
20200602_135248
オイル汚れをきれいにして、走行チェック後の再点検ではオイル漏れも完全に止まってました。

そうそう、マフラーを支えてるリング状ハンガーを外すのに専用フックを久々に使いましたが、やっぱり23年前に作った自作品が一番使いやすいね。
20200602_140759

今回は、レストア作業から離れて温故知新。

これまで集めた、歴代FCアンフィニモデルのカタログを並べて、眺めて、読んで、気持ちを鼓舞させてみました笑。
20200521_193215
レストアにはこのようにそのモデルの知識を深めることも大切です。

今のところ、アンフィニ1が2種、アンフィニ2が1種、アンフィニ3が2種、アンフィニ4が2種、計7冊あります。
合計何種類のアンフィニカタログがあるか気になるところです。

そうそう、読んででこれまでなぜか思い違いをしてたんですが、アンフィニ3ってタイヤがピレリP-ZEROだとばっかり思っていたら、アンフィニ3まではPOTENZA RE-71でした。
(温故知新活動の成果が早速出ましたよ笑)

オリジナル遵守でやりたいので、タイヤ選択は悩みどころです。
とりあえずブランドだけはそろえようと思ってましたので、POTENZAなら選びやすくていいね。
ネーミングからすると新作RE-71RSですが、クルマやアンフィニダンパーを考えるとグリップが高すぎる思うので、POTENZA縛りならRE004かな~。

ブリヂストンさん、80年代のネオクラシックスポーツカー向けにRE-71再販しませんか?笑
意外にニーズあると思いますよ。




GWの作業ネタは今回が最後です。

GW・DAY5は、あらかたソーダブラストも終わったので、エンジンパーツ・エンジン補機パーツ、ボルトナット類を超音波洗浄。
20200506_190108
洗浄機に入るパーツはすべて突っ込みます。
洗浄剤は、一般的な粉を水に溶かすものタイプは洗いあがった後ヌメヌメして洗浄剤のキレがわるく作業性が悪いし、素材も選ぶので嫌いなので使ってません。

色々な洗浄剤を試した結果、ゴムでもなんでもいけるいい洗浄剤を見つけて以来それを使ってます。
これだと洗浄後軽くエアブローすればOKで、汚れも良く落ちます。
手が触れてもヌメヌメしないし臭くないのもすごくいい。
ちょっとお高いけど…。苦笑
20200506_190659
バキュームパイプも超音波なので、パイプの中まできれいになるのもメリット。
一緒にゴムホースも全部入れちゃいますが、ウォーターホースの中からは錆汚れがドボドボ出てきました。

ついでにスパークプラグも入れてみたら、カーボンだらけの状態だったのが、汚れの取れない絶縁体の奥までカーボンがすっきりきれいになった!
この絶縁体の部分にカーボンが溜まると、中心電極からカーボンを伝って外の金具に電気が流れるようになっちゃうので絶縁性が落ち、失火を招きます。
20200506_193356
昔のクロメートメッキプラグなので、メッキ部分も新品みたいになってちょっとうれしい笑
一回使ってみるかな。

超音波洗浄は汚れが少ないものから始めて、徐々に汚れがひどいものにしていきますが、最後の方は洗浄剤も汚くなってきたので、中はカーボン・外はジャリジャリなサビだらけのエキマニも入れてみました。
30分洗浄してみたら、中も外もサラサラになって素手で触ってもまったく手が汚れなくなった!
20200507_145356
すごい満足度高い!
次は、タービンハウジングも入れちゃお。

まだまだGW中のネタが続きます。
GW・DAY4は、一日使ってブラスト作業を進めました。
ブラストは一般的なサンドブラストじゃなく、ソーダブラストを使ってます。
重曹をメディアに使うソーダブラストは、メッキを痛めないで汚れだけ取れるのでローターのカーボン汚れを取るのに適しています。
メディアは溶けちゃうので安全です。(もちろん、超音波洗浄して組み立てる前には細部に残ったメディアもすべて落としきります)
アルミパーツも表面がサンドブラストのような『ブラストやりました!』感もなく、新品に近い風合いに仕上がります。
ブラスト前に、パーツに残っているオイル洗い油であらかた流します。
20200505_111003
さらにローターベアリングと、ローターハウジング摺動面は念のためマスキング。
20200505_134856
で、ブラスト後はこんな感じ。
20200505_171349
ローター表面のメッキが新品みたいでしょ!
サイドシール溝外側・ローター縁のSMコートも残ってます。
メッキが痛まないので、シール溝の中もガンガンにショットして頑固なカーボンもきれいに落ちました。

20200507_104523
ローターハウジングは、表面の腐食部分が取り切れずちょっと残っちゃってますが、ポートスロート部やプラグホールのとりづらいカーボンもさっぱり落せて満足な仕上がりです。
このあと仕上げにナイロン磨きシートのいい感じの番手でさらっと磨いて新品と同じような風合いにしました笑

フロントカバーもこの位の仕上がりにして、メーカー出荷当時感を出しました。
20200505_134903
20200505_171327
学生の頃はJGTCで使う13Bエンジンのフロントカバーを鏡面にして喜んでたなぁって思い出しました笑

これ以外にも、ウォーターポンプボディ、ウォーターポンプ、インマニもショットしてきれいになりました。

↑このページのトップヘ