ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

カテゴリ: NUTEC

今週は、RX-8のノーマルLSDからうねり音がしている車両が多かった。

ハンドルをいっぱいに切って、例えばUターンをする時に『クオーンクオーン』って音がします。

原因は、デフオイルの劣化。
音がしてるどのエイトもほとんどデフオイル交換をしてませんでした。

オイル交換すれば、うねり音は直ります。
でも、酷いままにしてると、LSD内のフリクションプレートがバキバキになります。汗

RX-8は、街乗りだけでもデフオイルの劣化が激しいです。
なぜなら、デフが冷えないから。

もし、うねり音がしているようなら、オイル交換しましょう。
音がしてなくても、デフオイルは定期的に交換しましょう。
20201016_101626
ニューテックのデフ用ギアオイル、ZZ-32、NC-71、UW-76は、どれもうねり音が一発で消えますので、おススメです。
今回は、サーキットも走るということなので、一番いいやつ、UW-76を入れました。
20201016_102127
交換後走行チェックをすると、すっかりうねり音も消えて安心・快適になりました。

ニューテックキャンペーンが始まりました。

ニューテック製品ご購入の方に、Tシャツをプレゼント!
今回のTシャツは、こんな感じです。
20201014_160858
20201014_160912
数がなくなり次第終了なので、お早めにどうぞ!

現在お預かりでリアルテックで始めてメンテナンス作業を行う後期型RX-8。

走行距離も5万キロ弱と低走行なのに、なぜかエンジン交換履歴が。

それはいいとして、今回のメニュー、クーラント交換でラジエータとエンジンのドレンからクーラントを抜いたら、緑の中に茶色が混ざったクーラントが出てきました。

初めてニューテックZZ-91Rに交換する際には、さらに各ホースを抜いて古いクーラントを出来る限り排出させますが、外したところのパイプを見ると…、
20201001_165631
20201001_150340
すげぇサビてんな!
RX-8でこんなにサビてるの珍しい…。
そもそも純正FL22クーラントではこうならないし、3年前にFL22で交換したシールが貼ってあるし、サビが混ざるような要因がないのに。
まさかFL22を水で割ったのかな??? 確かに緑色も通常より薄かったな…。

まあ、どうしてこうなったか今さら分かりませんが、せっかくZZ-91Rに交換してもらうんで、ウォーターラインを洗えるだけ洗って、新しいZZ-91Rを入れました。
20201001_171959
あとはZZ-91Rの持つ洗浄能力と防錆効果に任せるとしましょう。

お預かりのサイドポート+シングルタービンのFDは、オイル全交換。
20200905_082356
こちらのFDは、リアルテックでサイドポート拡大エンジンを作って8年。
リーガルに、インジェクターやフューエルポンプも安全な範囲で各部セットアップしてあります。
エンジン回しまくってガンガン走ってますが、エンジンコンプレッションもエンジン慣らし後とまったく変わらず、快調そのもの。


今回は、一般的になかなか交換しないパワステ・フルードもしっかり交換させていただきました。

油圧パワステのフィーリングアップの出来ちゃう、ニューテック・ZZ-51改をいつも通り使用しました。
20200904_161720

さらに!
ニューテックのパワステ添加剤・NC-210も投入して、さらにステアリング・レスポンスアップ!
20200904_164257

油圧パワステのメンテナンスもお忘れなく。

毎年大人気、エアコンオイル添加剤・NC-200コンプブースト。

今シーズンも相変わらず好評で、入れた後は設定温度を1~2度上げないと寒くて~みたいなインプレもよくいただきます。

ということで、今日は、改めてNC-200施工前後での吹き出し口温度の比較をしてみました。

対象は、先日うちに入庫した14万キロオーバーの前期RX-8。

設定温度は18℃、外気温は27℃(エイト調べ)、風量は7段中3段目に固定、エンジン回転はアイドリング900rpmでの比較です。

施工前
20200727_170822
20200727_170826
ちょっと見づらいですが、吹き出し口温度はミニマムで7.9℃。

そして、NC-200を注入します。
20200727_171223

そして、施工後
20200727_171932
20200727_171948
吹き出し口温度は、ミニマム6.4℃。

なんと、NC-200入れただけで、1.5℃も低下しましたよ。

こりゃ、設定を2度くらい上げないと寒くなるよね笑。

さらには、コンプレッサー内のフリクションも下げてエンジンパワーロスも低減しますので、エアコン使用時の燃費も改善します。
マジ効くエアコンコンプレッサーオイル添加剤です!

詳しくは、メーカーHPをみてください。
http://nutec.jp/products/compboost/nc200.html

↑このページのトップヘ