ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

カテゴリ: コンピュータセッティング

今日は、RX-8でリアライズマスター導入車のスロットルバルブ開度をドライバーさんの好むフィーリングに適正化を図るために、リセッティング。

スロットルマップとは、RX-8のような電子スロットルボディを使っている車両にあるマップで、アクセルペダルの踏み込み量とエンジン回転数、使っているギアなどによって、どのくらいスロットルバルブの開けるか決めているマップです。


通常出荷時にはオススメのスロットルマップに調整してお渡ししています。

しかし、場合によってはドライバーの踏んでいるアクセル開度と実際の加速がリンクしないと、違和感を感じます。

今回は極低速部分のスロットル開度をドライバーさんの好むフィーリングに近づけるように何度か書き換えみました。

ドライバーコメントを聞き、該当箇所を打ち直し、書き換え、そして走る。
それを何度か繰り返し、お好みのフィーリングになりました。

あとは、通常の使い方でロングランしてどう感じるかですね。
後日コメントお待ちしております。

フィーリングに合わない状態で乗り続けては、楽しくなくなっちゃいますからね~。

ちなみに、コレに関しては修正なので工賃もらってません。

コンピュータセッティングは、燃調・点火・バルブタイミングに関しては、車両の持つ性能をフルに発揮するところまで持っていけば良いのですが、
スロットル・セッティングに関しては、ドライバーが意図するアクセル開度と実際のスロットルの開き具合(加速具合)をリンクさせ、フィーリングをあわせることが重要です。

なので、好みに違いがありますので、それぞれの好みに合うようにリセッティングしてます。

0.1~0.2%ぐらいのスロットル開度の違いでも、合う合わないって出たりします。

今日は、FDのコンピュータの基盤修理。

珍しいことに、コンピュータ本体のカプラー部の腐食により接触不良。
雨漏りした形跡無いのになあ。

このコンピュータは、ROMチューンコンピュータなので、コンピュータ交換してはもったいない。
一番安く直せる方法はカプラー部のみの交換なので、基盤の壊れたコンピュータよりカプラー部をいただいて、交換しました。

作業はハンダ吸引機で基盤とピンのところを吸い取るだけなのですが、
なれないと基盤のパターンを引っ掛けちゃって、基盤がパーです。
特に今回は一発勝負。
慎重に作業します。
イメージ 1
イメージ 2

まあ、FDの基盤加工は星の数ほどやってきましたので、チョイチョイですが。


修理後、作動チェック。

一発始動・アイドリング・吹け上がりOK。

アイドリングしながらエンジンハーネスをこねくり回しても異常なし。
ダイアグチェックもエラー無しでした。

無事作業完了です。
良かった良かった。

またトラブらないように、車体側の雨漏り対策もしました。

RX-8の後期・6ATの『リアライズ・マスター』コンピュータ・セッティング。
今度のエイト祭に向けての導入だそうです。
イメージ 1
手前のPCはデータ書き換え用、奥のPCはデータロガーです。
いつもこの様に2台のPCを駆使して、エンジンコンピュータの最適化をしています。
 

最近ちょっと涼しかったので、温間時のさらなる暖気に時間がかかります。
逆に暑すぎると根本的に温度が下がらないので、それよりはいいですがね。


さて、セッティングは期待にこたえて、あそことそこをちょいちょいと調整して、最後のもう一伸びを加えてみました。(コレは6AT限定ですww)

それにアクセルレスポンスを一捻りAT向きに調整してみました。
コレは効くね!

納車後にお見送りしたら、発進直後にセッティングの変化に驚いておられた様子。

良かった良かった。
実はここを楽しみに皆さんをお見送りしています。笑

ぶっちゃけ、ATはMTに比べてセッティングをこなしている数が少ないのとAT特有のことで、燃調・点火以外のところの調整により時間をかけて、スムーズに仕上がるように心がけてます。


しかし、後期の6ATに久々に乗りましたが、こんなにスムーズでパワーあったっけ?

コレならサーキットでもがっつり『スポーツ』できるね!良い良い!!!

今日は、午前・午後とRX-8のリアライズ・コンピュータセッティング。
最近毎日のようにセッティングしているような気が…。

しかし、午前のRX-8は、セッティングし始めてすぐセッティング中止…。

一発走って、ロガーデータを確認すると、学習補正量が正常時より多すぎで、吸入空気量もやけに少ない。そんでもって空燃比がやけに濃くなる。
そんなんだから、加速も遅いです。


コンピュータで詰めちゃえば狙い通りのところに持っていけますが、なぜ学習量がそこまで変化しているのか追及しないとセッティングしても意味がなくなります。
不調なところを隠すのがセッティングじゃないですからね。

なので今日はセッティングを中止して、学習補正量が正常に戻ってから仕切りなおし。
一応コレが原因っぽいものを見つけたので、もしそれが正解だったら今度ご紹介します。

ちなみにセッティングは、どれだけ正確なデータをどれだけ多くサンプリングできるかでセッティング精度が変わってきます。
ただ単純に燃料を薄くしたり濃くしたり、点火を進めたり遅らせたりしてるわけではないのですよ~。

ちなみにその2。
暑い時にセッティングしてもしょうがない、と思う方もいると思います。
しかし、それは違います。
暑いからこそセッティングすることに意味があります。
特にエイトはね。

今日は、リアライズ・マスターのセッティング。
モニターキャンペーン一発目のセッティングです。
イメージ 1
イメージ 2

車両は、前期の5MT。

ちなみに、今回のリアライズコンピュータキャンペーンでは、結構5MTのお問い合わせいただいています。


さて、セッティング。
時間が結構取れましたので、ビッチビチに詰めまくりました。
(まあ、いつもビチビチのベストを尽くしていますが)


今回の車両は仕様のシュチュエーション的にも色々探るのにちょうど良かったので、色々ベストなところを探りながらやってみました。

バルブタイミングもいいとこあったぜ!
よりスムーズに出来ました。
吸入空気量で4~6g/sは稼げたし。

狙い通り♪

いつもの事ですが、セッティング・調整関係は常にベストを尽くしています
ので、実際にお客様に乗ってもらっていい感触になってくれてるといいなあと思うばかりです。



セッティングってやるたびに新たな発見があるので、面白いですね。

↑このページのトップヘ