ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

カテゴリ: コンピュータセッティング

今日は、リアルテック期待のRX-8後期タイムアタッカーのリアライズ・マスター現車セッティング。


となる予定でしたが、準備中に雨…。

なので、セッティング中止です。


しかし、せっかくなので現在の仕様に合わせたベースデータを注入して、軽く走行確認。


高回転の方はまだまだ詰めれますが、たいして外れていないので、本日はここまでで納車しました。

これで今度の現車セッティングまでに、ドライバビリティなどのフィーリングを確認してもらって、何か改善してほしいところがあれば、一緒に修正します。

が、お帰りになった後すぐにTELが…。

おっと、何かトラブったか?と焦りましたが、


『超良い!出足・低中速域めっちゃ速い!インストール前と比べて別の車になった』とのお喜びの連絡でした。笑

確かに、走行確認の時にアクセルのつきがやけに良かった。
ちょっとやり過ぎたかなぁと思い、敏感過ぎる?やり過ぎた?って聞いたら、


『速いからこのままでいい』って。


これであれば、少しはタイムアップの役に立てるはず。

ベースデータも色々と集まってきたので、かなり煮詰まってきました。


今度は、今日できなかった中・高速域もビッチビチに合わせ込んで、もっとびっくりさせちゃうよ!

本日は、エイトのコンピュータ現車セッティング。
イメージ 1

今日の一台は、以前にリアライズで現車セッティングしたM'z tuneですが、マフラー・触媒を別ブランドのものに変更したために、リセッティングです。


ウチのコンピュータセッティングは、常にベスト追求型なので、仕様が変わればその都度データロガーで実走行のセンサー数値を確認。
今までのセッティングと狙った数値とのずれがあれば、修正します。


エイトはNAだから、多少仕様が変わったからってリセッティングいらね~よ、と言うのは大間違い。

メーカーが変われば、形も変わるので、変化が出るのが当たり前。

データも結構変わります。


実際に現車セッティングしながら、今までのデータと新しく出来上がったデータを比べたり、仕様変更前後での吸入空気量などを比べると、各パーツがどの回転域で有利か見えてきたりして面白いものです。


RX-8はそれだけではない理由で、現車セッティングが必要なのですがね。



みなさん、何のためにコンピュータセッティングするか考えてみましょう。

そのクルマそれぞれの仕様の持つパフォーマンスをきれいに発揮するためのコンピュータセッティングですよね!

だから、リアルテックでは全てちゃんとデータを取れる計器を付けて現車合わせでしかセッティングしません。

今日もいっぱいご来店いただきました~。
ニューテックオイルも、在庫がなくなるほど注入しまくってます!

さて、今日もご来店の皆様の作業の合間を縫ってお預かりのFDのコンピュータセッティング。

もうすでにどちらかでセッティングしてあるFDで、プライマリーインジェクターが容量アップしてあり、このコンピュータメーカーの言う通りに設定してあるのですが、
・冷間始動時エンスト
・出足ギクシャク
・チョイ踏みのアクセルのつきが悪く
・パンパンとアフターファイヤーもひどく
なんとも乗り辛い…。


なので、ピッピッピッと修正。笑


ほらほら、ノーマルインジェクターのように乗り易くなって、アフターファイヤーもなくなりました。

コンピュータセッティングは、なんでもマニュアル通りにあわせて終わりで良いのではなく、車両それぞれに対して必要なところをきれいにあわせてきれいに走れるようにしてあげることが重要です。

街乗りが前提なナンバーつき車両は何を言っても、アイドル~低速域の扱いやすさに気を使うべき!
全開領域は誰でも簡単に合わせられますので、低速域のアクセレーションの
良さにセッティングの良さがでます。

さあ、ここが決まったのでパワーゾーンのセッティングです。

今日は、朝からリアライズのリセッティング。
車両はRX-8後期6AT。

特に低回転加速アップと、発進時の部分のフィーリング合わせ。
ユーザーさんのコメントを聞いて、意外?と一発書換で完了しました~。

発進加速は、今までちょっとやりすぎた感がありアクセルコントロールがシビアだったのですが、違和感なくスムーズになり、ご本人さんもご満足の様子でした。

フムフム、いいデータ取りにもなりましたぜ!

今日はRX-8後期のリアライズマスターの現車リセッティング。


このRX-8は別に不具合が合ったわけではないですが、前回冬にセッティングとったので、気温の高いこの時期にデータロガーで再度セッティングを確認。


なぜかって?

そりゃ、夏と冬でマップの読む場所違うから!
ココがNAの大変なところ。

気温だけは自分じゃコントロール出来ませんからね。

一回セッティングして、お渡ししたら、はい終わり~ではなく、季節が変わったらちゃんと確認させてもらって、必要あらば修正します。


セッティングは、中間部分を少し修正が必要でしたが、おおむねOKだったので、短時間で終了しました。


コレでオールシーズン安心して踏んでいただけます。

ちなみにコレは確認修正なので、料金は頂いておりません。

イメージ 1

画像は書き換え中の様子。
といっても分からんか。汗

後期って前期の倍ぐらい書き換えに時間かかるのですよ。

↑このページのトップヘ