ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

カテゴリ: コンピュータセッティング

今日もたくさんのご来店ありがとうございました。

RT-01エンジンオイルもジャブジャブ交換しました。
実は夏休みまでにRT-01の在庫がすっかり無くなってしまいましたが、補充OK!
いっぱい在庫作りましたので、オーダーお待ちしております。

さて、暑くなって、お問い合わせとインストール作業の多くなった、RX-8のコンピュータ、リアライズ・クール。
前に書いたブログの効果ですかね。笑
http://realtech.livedoor.blog/archives/6975289.html

今回は、久々の6AT。
20200822_160633
インストール後は、ちゃんとファンが設定どおりに動いてるか確認して、コンピュータ本体にステッカーを貼って完成です。
コンピュータにうちが手を入れた証をしっかり残してます。
20200822_161601

休み前にリアライズのデータをインストールした後期のRX-8は、雨が降る前にセッティングが完了。

さすがに吸気温度が高い。
そして、こう気温が高いと、書換え毎に必要な初期学習がなかなか出来ない…。

ですが、今回のエイトは燃料学習値が少なめでしたので、そこまで時間も掛からず完成できました。
20200607_153919

そして、ガレージ横のビワの木は今年もいっぱい実ってます。
20200611_171415
しかし、木が伸び伸びなので、実の大半は高いところになってまして、収穫困難なんです笑

ストリート派に人気のラジエータファンの設定のみ変更するリアライズ・COOL。
後期ATにインストールしました。
20200327_110428

ラジエータファン作動設定は、RX-8前期では低・高速の2段階ですが、後期では低・中・高速と3段階設定で、リアライズでは低と中を変更しています。
それぞれの設定温度は、オーナーさんのご希望を聞いて決定します。

これから暑くなる季節、さらにはコロナウィルスが収束したら、みんながドライブに繰り出すことでしょう。
そこで渋滞にハマったらエンジン水温が100度を超えることも珍しくないので、REを適温に保つためにも、とりあえずリアライズ・クール、お勧めです。

今日はRX-8のリアルチェックやメーター取り付けなどなど。

そして、最近続いてオーダー頂いているリアルテック・コンピュータ『リアライズ』のインストール。

イメージ 1


今日は電動ファン設定変更のみの『クール』です。
これから暖かくなるので必需品ですね!

後付けファンコントローラー付けるよりも安心安全なのでおすすめです。

温度もハイスピード/ロースピード0.5℃刻みで設定変更できますよー。

今日はご来店のお客様の作業の合間をぬって、お預かりしているRX-8後期のコンピュータ現車セッティング。

この前の雪のためにセッティング残しでしたが、やっと雪も溶けてきたので今日いよいよセッティングできました。


データモニター・ロギング用とセッティング用のPCを2台積んで、走行のデータをログして確認・必要なところをデータ変更・書き換え、そしてまた走行の繰り返し。
イメージ 1


数回データを変更して出来上がり!
今回も全域狙いの数値にビッタビタに合わせました!

最終的に出来上がったデータの走行ログをみると、吸入空気量は8500rpmで、245g/s!
イメージ 2
ハンパない量の空気吸ってまっせ!
吸ってる空気の量が多いということはパワーが出てるってこと。
エンジンパワーは空気を吸わせてなんぼです。
まあ、コンピュータだけでなく、他の吸排気の構成パーツとの組み合わせですがね。
これ、量産ノーマルエンジンですよ。


ちなみに、RX-8後期型のセッティングは、実走でセッティングしないとデータが合いません。
シャシダイでは最終的にちゃんと出来ません。
出来たようには見えます。
しかし、ダメなのです。
特に、あのパーツとそのパーツを変更している場合はかなりひどい差が出ます。
シャシダイはセッティング後の馬力確認程度の使用にしておいた方が良いのです。

なんでかは、長くなりそうなので今度気が向いたら書きます。

↑このページのトップヘ