ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

カテゴリ: RX-8関連

ずっとバックオーダーになってた、RX-8用のオリジナルエキマニが出来てきました。
長くお待ちいただいたユーザーさんに順番に取り付けさせていただいております。
20220321_145301
今回はエキマニと合わせて、リアライズ・コンピュータセッティングも行ないました。
20220321_171516
エキマニ交換後は、しっかり初期学習しとかないと、セッティング途中で迷子になることがあるので、走り出す前にちゃんと順を追って学習させます。

おかげで仕様に合わせたベースデータを入れて、すんなりセッティングが決まりました♪
20220321_171600

金曜日は朝からTC1000で行なわれたえづにゃんGPでタイヤサポートでした。
3月になりサーキットに向う早朝はもう明るく、筑波山も綺麗に見えます。
20220304_053633
早朝の気温は下がっても0度くらいで、走行時間は6℃くらいと、もう気温ブーストは期待できない状態でした。

今回はBAR11号のタイヤホカホカサービス。
早速届いたばかりのATTACK印の新しいタイヤウォーマーをおろしました。
20220304_065827
20220304_062815

最初の8時50分からのスーパーラップ最初の枠では、BAR11号、R大佐号のチームリアルテック勢2台が走行。
20220304_080318
20220304_115310

こんなポカポカ陽気なのに2台とも見事ベスト更新、TC1000のRX-8レコードタイム更新です♪
二人ともおめでとうございます。

R大佐号は、サイドポートエンジンとリアルスペックダンパーを導入して初くらいのTC1000本格走行で、いきなり37秒6は速過ぎる…笑

BAR11号も先日のエイトリアンカップ出だしたRX-8ノーマルエンジンレコードを更新して、38秒切りまでもうちょっとでしたが、これはまた来シーズン頑張りましょう。


これで本当に今シーズン終り。
タイヤウォーマーと発電機は来シーズンまで片付けます。

先週19日は国内最大のタイムアタックイベント、ATTACK筑波でした。

リアルテック勢は、2台エントリー。

分切り目指すR大佐号と、
20220219_081425
ノーマルエンジンで前人未到の0秒台を目指すBAR11号。
20220219_074434

筑波サーキット・TC2000での今シーズン最後のタイムアタック。
気温・気圧・路面もいい感じで、今シーズンほぼベストなコンディションで、分切り・レコード更新の条件は整った大チャンスでした。
20220219_074054

で、結果ですが、

1分00秒068で、分切りならず寸止めでした・・・。
20220219_093825

9時の開始から、自分たちの出走5番目開始までの間にマジ色々あったんで、
正直な話し、自分個人的にはドライバーを送り出した後、分切りは無理だろうと諦めてしまってました。
タイヤが冷め切ってしまったあの状況だとベスト更新すら無理だろうと。
特に今回は新品タイヤが手に入らず、ユーズドでのアタックだったので尚更です。

ですが、ドライバーは諦めず頑張ってアタックしました。
分切りは出来ませんでしたが、あの状況下でこのベストをコンマ1秒以上更新・RX-8レコードタイム更新は立派でした。

BAR11号も目標達成ならずでしたが、直前のアライメントセット変更がうまくいったようで、より安定感が増した様で今後に期待です。


まあこれも 日本中からたくさんのタイムアタッカーが集まる ATTACK というイベントですね。
分切りできる条件は揃ってたけど、当日のコース状況が味方してくれませんでした。
仕方ないです。


とりあえず、21-22年シーズンの分切りは達成ならず、来年に持ち越しです。
20220219_120059
シェイクダウンからちょうど3ヶ月で、ここまで行ったんだからクルマ作りセットアップの方向は良かったと思います。
クルマもまだまだやれることあるので、来年も筑波分切りチャレンジ頑張りましょう。

終わって早々ですが、うちも来年のATTACKでどんな状況でもちゃんとタイムが出せるように準備始めます。


前のブログからだいぶ空いちゃいましたが、月末にずっとデスクワークしてたら腰をやってしまい、2月に入ってからは鍼やマッサージを受けながら、だましだまし仕事をしております。
10日ほど経ってようやく良くなってきました。

さて、2月はタイムアタック終盤戦、勝負の時期です。
2月前半は2回サーキットサポートに行ってきました。

2月5日のエイトリアンカップTC1000は、BAR11号のサポート。
20220205_084758
38秒切りを目指し、暖めタイヤはGS2セット!
アタックは、なんだかんだ有りましたが、結果的には2セット目タイヤで当日一番時計の38秒130を出して、自身のベスト更新且つ、RX-8ノーマルエンジン最速タイムをマーク!
オーナー本人は、本命だった1セット目GSでタイムが出せなかったのを悔やんでましたが、38秒切りは次回に期待しましょう。
TC2000向けにスプリングレートを上げてましたが、問題なくTC1000も走れて良かった良かった。
さすがリアルテック謹製REAL-SPECダンパーの性能は抜群です♪(自画自賛です)
20220205_090242


そして、2月8日はTC2000毒蝮走行会。
こちらは、筑波分切りを目指すR大佐号のサポート。
20220208_064900

気圧が高めで、気温も路面も良さそうで、今シーズンベストに近いコンディションなので、GS新品を投入しました。

そして結果は…、

1分00秒200で、分切りならず…。
20220208_093349

ピットのモニターでセクター1が自分の想定よりコンマ3秒くらい遅れてたんですが、結果1コーナーの立ち上がりのシフトアップでうまくギアに入らなくて、ロスしてしまったみたい。

でも、セクター3はよく頑張った!
10.449はRX-8では前人未到、見てるほうもしびれたぜ!

ピットに戻ってきた後は、2本目に向けてタイヤを外しウォーマーを巻きなおして、エアも微調整して再度暖めました。
がしかし、2本目も善戦するも分切りならず、1分0秒3どまり。

一応RX-8の筑波レコードタイムは更新しましたが、この日の分切りは達成できませんでした。
残念…。


そして、個別リザルトが出た後は、お楽しみの(?)セクターベストを足してタラレバベストを計算してみます。
セクター2と3はベストは、アタック1本目1周目がベスト、セクター1は、アタック2本目のたしか3~4周目くらいがベスト、それを足してみたら…、

59秒938...。

これは悔しい…苦笑

でも、タラレバは結果としては意味が無いかもしれませんが、タラレバだとしても分切りできるってことは、実際に分切りできる実力がすでにあるってこと。
オーナー自身もサポートしているメンバーも、これで分切りが可能だと自信と確信が持てました。
あとはまたのチャンスで頑張ってタイム出すだけ。

そして、走行後はシフトミスの誘発対策として、クラッチマスターとレリーズシリンダー、クラッチホースと油圧系全交換しました。
20220208_165201
外してみたら、クラッチマスターの室内側にフルード漏れてたよ…。(RX-8よくあります。)
エンジンOHの時についでに全部交換しておけばよかったなあと反省…。
これが原因だといいなあ。

あと、リフトアップついでに、念のため点火系の点検。
スパークプラグを外してみたら…、
L側の1本、外側電極が外れてなくなってました…。
20220208_185829
あー、見といて良かったよ。
これでよくあのタイム出してたもんだ。
11月末に交換してから、サーキットでトータル2時間も走ってないのに…。
パワーが出てるから仕方ないのかしら。
最近ホントよく外れるので、マメに点検するか、レーシングプラグにするしかないな。
レーシングは熱価が高いのしかないからちょっと…なんだよなあ。

さて、お次は2月19日ATTACK本番です。
この日が今シーズンラストアタックなので、キッチリ分切り決めたいと思います!
とりあえず2日前くらいから当日までずっと晴れて!

週末は、2日連続で早起きして筑波サーキットにタイヤホカホカサービスで行って来ました。

土曜日のエイトリアンカップは、既報の通り、BAR11号のタイムアタックをサポート。
気温気圧も最高で、今シーズンベストコンディションでした。
20220122_085307

結果は、1分1秒264でRX-8ノーマルエンジンレコードタイムを見事に達成!
20220122_092008
今までの壁を一気に超えてきました。
上手く条件揃えば、1分0秒台も夢じゃなくなってきました。
これでエントリー条件が厳しくなった2月19日のATTACK筑波にも問題なく正式エントリーできます。

この日はリアルテックにてセッティングやメンテナンスをさせてもらっているRX-8たちもベストタイム更新が多く、大勝利の一日でした。
RX-8でサーキット走るならエイトリアンカップがやっぱり最高です。


そして、日曜日は急遽タイヤサポート。
この日も高気圧でコンディションが良さそうなので、分切りのためGS新品タイヤを投入と言うことで召喚されました。
今回初めて参加する走行会でターボ、NA、駆動方式関係なく1分フラット前後の走行枠でのタイムアタック。
20220123_082335
20220123_074348

本気で分切り狙いに行くべく、今までのデータフル活用で完璧なタイヤウォームアップマネージメントに、走行開始時間にピッタリあわせた完璧なタイヤ装着で送り出しましたが、
アタック1周目に入る前から前走車の一台が1コーナーに刺さってストップ…。
その後も80R付近でもう一台ストップしてたようで、新品タイヤのおいしいところをまったく活かせずまともにアタックできずで、タイムも1分0秒517と残念無念…。
20220123_101418
一応自身のベストタイムは更新ですが、ドライバーもピットサポートメンバー誰からもおめでとうは無し。
残念でしたが、この日得たデータやフィーリングから次回のアタックのために参考になるものを得られたので、これはこれで大きな意義は有りました。

でも、この日みんなが感じたのは、この調子ならば分切りは夢じゃないってこと。

2月は毎日いい天気で高気圧が停滞してくれないかな笑

↑このページのトップヘ