ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

カテゴリ: RX-8関連

筑波サーキットを走るRX-8のタイム上位5台のほとんどが装着している、リアルテックオリジナル・ドライカーボンアンダーパネル。

受注生産になりますが、オーダー分が完成しました。
20200922_195631

今回はちょっとマイナーチェンジというかアップデートというか、より強度を増しまして、アルミハニカムの厚みも部分的に使い分けて軽さも追求しました。
また、タイヤハウス側とサブフレーム側のカーボン単板部分もフリーカットとして、今までよりも大きめに作りました。これで、タイヤ稼動範囲の中である程度攻めたところまで板がくるようになるはず。
ステーを留めるハードポイントも前後に長めにしたので、逆に前側に出すことも出来ます。

ちなみに、このアンダーパネルは前期のマツダスピードフロントバンパーに合わせて作ってあるので、
どこどこのフロントバンパーに付きますか?と質問されても付くかどうかは分かりませんので、ご了承ください。

マツダスピード以外だと、後期マツダE&T Mzカスタムフロントバンパーは装着確認済みでOKです。

ちょっと時間があいてしまいましたが、次期マツ耐用RX-8の18万kmオーバーのノーマルエンジンの実験シリーズ その5 です。

以前のお話しは以下をご覧ください。






前回のエンジンコンプレッション測定からさらに600kmほど走って、オイル交換からはトータル1800kmほど走ったので、再度コンプレッション測定しました。
と言っても、忙しくてブログに書き忘れてたので、8月末のことなんですがね笑

結果は、
フロント
20200826_173941
リア
20200826_173948
まだまだコンプレッション上がってくるぜ~~笑

オイル交換前(上)、前回オイル交換後1200km後(中)、今回オイル交換後1800km後(下)

20200910_191624
見れば一目瞭然、交換前、特にフロント側は悲惨な状態でしたが、今回ですべて700kpaオーバーになりましたし、リアもほぼ800kpaに到達しました。
実に80~90kpaアップです!もう別のエンジンになったかのようになりました。

RTオイルの威力が炸裂しまくり。
18万キロ走ったロータリーエンジンだって適した良いオイルを使えば、エンジンはどんどん良くなります。

もっとこの状態で走りたい感じですが、テストしたいスペックのニューテックオイルがあるので、オイル交換しちゃいました。
20200826_175448

20200826_181229

こちらのオイルでもエンジンコンプレッションがどうなるか興味深いです。

今日は、RX-8 5MT車のデフオイルシール・オイル漏れ修理。
オイルシールは、プロペラシャフトが繋がるコンパニオンフランジ側1箇所、ドライブシャフト側2箇所あります。
20200901_111127
20200901_111132
前期5MT車やAT車は、6MTよりもデフオイル漏れすることが多いです。
そもそもデフが冷えず熱を持ちやすいRX-8、スポーツ思考の強いグレードの6MT車には耐熱性の高いオイルシールが使われていますが、それ以外はスタンダードなものが使われています。
なので、オイル漏れが多いんだと思います。
なぜグレードで使い分けしてるのか。
たぶんコストが理由でしょうね。
黒がスタンダードなもの、茶色が6MTの耐熱性が高いもの。
20200901_113814
20200901_142215
ということで、今回の修理では対策としてその茶色い6MT用オイルシールを使用しました。

コンパニオンフランジ側のシール交換は慎重に行わないと、デフOHする羽目になるので、細かくトルク管理とプリロード確認をしながら交換します。
今回はデフ自体が痛んでなかったので、無事に交換完了。
20200901_115130

サイドオイルシールは、どうせ周辺バラバラなんで、【急がば回れ】ということでデフを下ろしてシール交換しました。
車上でやるよりオイルシール打ち込みがかなり楽で確実。
20200901_144751

そうそう、5MT車やAT車には、6MTにはあるプロペラシャフト・ヒートインシュレータに遮熱材が付いてないんですよね。
20200901_112444
リベットだけは付いてます。
前期のド初期型には付いてたみたいですが、ほとんどの年式に付いてない。
スタンダード車の細かいコスト削減は多岐にわたっています。

この前パラパラとRX-8前期のオプションカタログ読んでたら、オートライトシステム ってのがあるのを初めて知りました笑。

新車発売当時から今まで多くのRX-8をやってきましたが、正直この純正オプションのオートライトシステムってのを付いてるところを見たことがない。(気付いてなかっただけ???)

RX-8後期から純正設定されてたオートライトになれちゃうと便利で、オートライト無し車に乗った時にトンネルとかちょっと面倒くささを感じちゃうんですよね。

まだ出るかなあと思ってパーツオーダーしてみたら、新品出てきましたよ!
20200828_185544
20200828_185605

うちのどの前期のエイトに付けようかな~笑

休み前に交換したRX-8前期のラジエータファンモーター。
作業も仕上がったので、交換前後で回転数を比較してみました。

前回も書いたように、今回はファンモーターが完全に壊れて動かなかったわけではなく、
モーター回転数が低くなっていて、特にエアコンをつけてると水温が上がっていく感じでした。

ちなみに、RX-8前期の正常なクーリングファンの回転数は、
LOW RH 1400rpm LH 1100rpm
HIGH RH 2000rpm LH 2600rpm になります。
(リアルテック 実測値)

今回の交換前は、
LOW RH 1200rpm LH 1100rpm
HIGH RH 2000rpm LH 1600rpm でした。

さらに回し続けると、
20200823_174904
LH側は、LOWが1000rpmを割り始め、HIGHも1300pmに落ちてきます。
HIGH側は実に50%ダウンです。


そして、ファンモーター交換後は、
20200825_172248

20200826_143644
LH HIGH 約2600rpm
20200826_143719
RH HIGH 2000rpm
LOW側も含め、すべての回転数が正常値に戻りました。

エアコンオンのまま暖気後10分以上アイドリングしても水温が
20200826_152718
このくらい。
83~86℃で安定しました。

これで安心して乗ることが出来ますね~。

↑このページのトップヘ