ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

カテゴリ: RX-8関連

各部クリアランスを調整したので、次はポート加工です。

今回の車両は、吸排気がノーマルに近い仕様ですので、ポートは拡大せず、段付き修正とスロート部の表面仕上げのみにしました。

エンジンを一旦仮組みして、インマニとインマニガスケットの位置を合わせケガキ。
20201130_163021
ポートは各所で仕上げ番手を変えてます。
(仕上げ後の写真撮り忘れ汗)

ポートだけで無く、ハウジング内でクルクル開閉するオグジュアリポートバルブももちろん仕上げてます。
さらにインマニもポートと同じく、段付き修正と内部表面仕上げしました。
20201202_155316

作業てんこ盛りの中、エンジンOHも遅れておりますが、作業自体は少しずつ進めております。

ちょっと前になりますが、エンジンOHの要作業のひとつ、各部クリアランス調整。
室温を20℃に合わせて、測定器・測定物を安定させて、一気に全部調整しちゃいます。

ローターにの幅にあったローターハウジングを選定。すなわち、ローターとサイドハウジングのクリアランスになります。(⊿R)
20201124_185931

エキセンのジャーナル外径に合わせて、ローターメタル・メインメタルの内径を調整して、オイルクリアランスの調整。
20201125_174000
今回は一回ですんなりいいところ(気に入るところ)に合いました。

すべてミツトヨのデジタル測定器使ってますんで、0.001mm単位で素早く安定して読み取れるので、確実な測定を可能にしています。

そして、ガスシールの調整。
アペックスシール・コーナーシール・サイドシールそれぞれ各部のクリアランスを合わせ。
調整後はマーキングして、キレイにシールケースに収めて完成。
20201127_094042

RX-8でサーキットをゴリゴリ走るとよく起こる、ハブベアリングのガタ。
ハイキャンバーて昨今の超ハイグリップタイヤを使うとガタが出てしまうのは止む無しです。
そりゃ、開発時のメーカー想定をはるかに超えた走りしてますからね笑

症状的には、走っているとリアからシャリシャリ音がして、次第にはゴロゴロ音に変わっていきます。
タイヤノイズとは音が違うので、分かりやすいと思います。

今回は、リア側。
それも結構ひどい方で、ジャッキアップしてタイヤを左右・上下に揺するとガッコンガッコンとタイヤが動いてました。

早速ベアリング交換です。
交換時は、メーカー指定の純正SSTとスーパーナウの打ち替え治具を駆使すると楽勝です。
20201123_144810
20201123_150429

ちなみに整備書ではハブベアリング交換時、アクスルフランジ(ハブボルトが付いてる部分です)を再使用って書いてありますが、ベアリングにガタが出ている場合、100%画像の赤丸のようにアクスルフランジ部分がガビガビに減ってますので、アクスルフランジは再使用せず新品交換がマストです。
20201123_150233
20201123_150927

これで当分サーキットで戦えます!


先日書いた  が意外に反響があったので、
今回は正しいボンネットステーの外し方・RX-8編。

RX-8のボンネットステーホルダーもヘタに扱うと割れちゃって、かっこ悪いことになります苦笑

まず、FDの時と同じく、ステーの真ん中あたりを持って引っ張り上げたらダメです!


RX-8のボンネットステーはスポンジが巻いて有ります。
20201120_182028
これは ボンネットステーはそこを持ってくださいね と持ち手部分を指示してます。
エンジンルームが熱い状態ではステーも熱せられます。その状態でステーを持っても手をヤケドしないようなマツダの心づかいでもありますね♪

ステーを外す際は、そのスポンジを握り、人差し指でボンネットステーホルダーのロック部分を上から押さえながら握ったところを上に引っ張り上げて外します。


スポンジ部を握って↓
20201120_182039
ホルダーのロック部分を上から押さえて↓
20201120_182049
握ったところを引き上げて外す↓
20201120_182059
外れたらスポンジ部分を持って持ち上げます。
20201120_182112
こうすれば、ステーホルダーに負担を掛けず壊しませんし、手が熱いこともなくボンネットステーを外せます。

さらに!
RX-8では、ステーの戻し方も重要です!

RX-8の場合、ボンネットステーホルダーが横からフレームに装着されているので、ボンネットステーをホルダーに戻すときも無理にやるとホルダーがもげることがあります。

なので、ステーを戻すときは、ホルダーの下を人差し指で押さえながらパチンとステーをはめます。
20201120_182137
20201120_182141

ステー脱着はこのようにするとホルダーを傷めたり壊すことは有りません。

皆さんにとってそれぞれ大切なクルマでしょうから、大切にスマートに扱ってあげてくださいね。

大変お待ちいただいているRX-8 6ATのエンジンOHは、洗浄の済んだパーツの検品測定。

ハウジングは磨耗の測定と傷の確認。
20201110_172412
距離も距離なんで磨耗はほとんどしてなかったんですが、フロント側がブローしてましたので、ローターハウジングは摺動面が割れたアペックスシールでえぐれてたので交換。リアは摺動面の磨耗や傷も少なく再使用できそう。
フロントサイドは、ポート周辺に深い傷が入っていたので交換。
インタメハウジングは、奇跡的に傷が無く再使用OK。リアサイドも再使用。

ローターは、検品がてら重曹ブラストで取り切れなかったカーボンを手作業で細かく落していきます。
アペックスシール・コーナーシール・サイドシール・オイルシールなどシール溝内もきれいに完璧にカーボン汚れを落としますが、シール溝内のメッキを落としてはいけないので、ワイヤーブラシや粗いやすりなどは絶対NG。
表面を傷めない道具を駆使してカーボンを落とします。
出来上がったローターは愛着が湧いちゃうんですよね笑
20201110_153546

エキセンも各部測定して問題ないことを確認できたんでこれですべての検品が完了したので、見積り金額を算出します。

↑このページのトップヘ