ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

エンジンオイル交換時のオイル使用量
http://realtech.livedoor.blog/archives/16377797.html

カテゴリ: リアルテック日記

GW中は通常営業しておりました。
遠くからご来店していただいた方もいらっしゃり、多くのご来店ありがとうございました。

さて、オイル通販も少なめでしたので、お預かりFDの作業を進めておりました。
20240505_185219
こちらのFDは、エンジンの圧縮圧力がしっかりあるので、エンジン補機類のリフレッシュ。
あまりに多くの箇所に手を入れるので、エンジンを下した状態で作業になりました。
リアステーショナリギアのOリング交換やフロントプーリーオイルシール交換もショートエンジン状態なら楽勝です。
20240502_145915
20240405_145451

20240405_150927

20240405_155224
ステーショナリギアのメインメタルは摩耗してたので一緒に交換です。
減っていないところと同じ内径になるよう交換できました。
20240405_154009

今後トラブルが出そうなところだけでなく、新品に替えられるところはすべて交換。
センサーやハーネスなど電気の通うパーツは、ISCバルブ以外は全交換!
20240504_181629

スロットルボディも分解して洗浄。
20240503_172318

ウォーターポンプも交換ついでにデフィメーターの水温センサーを加工取付。
4型なので、3型まであった108℃スイッチが付くところにちょうど良いスペースがあるので、ねじ切りして取り付けました。
20240504_162708
20240505_185151

ターボもユーザーさんがストックしていた新品に交換。エキマニも新品です。
昔にタービン屋もやっていて、さんざんタービンの組み立てを行っていたので、ターボ廻りのセットアップもお手の物。
20240506_152611
20240506_151436
20240506_162436


GW内ではここでタイムアップ。

さて、明日7~10日までお休みいただきます。
メール返信、オイル発送は11日以降になりますので、ご了承ください。




最近は月1回のブログ更新もギリギリ。汗
今年も超忙しく、いろいろな業務に追われて生きています。
なんか年々やることが多くなっている予感です。

3月から価格改定しましたRTオイルも、変わらず多くのロータリーユーザーたちにご購入いただいており、リピーターも新規の方も多く、本当にありがとうございます。
RTオイルは期待以上の仕事をしてくれますので、継続したご使用がお勧めです。

さて、GW後に久しぶりにちゃんとお休みをいただく関係で、GW中は水曜日以外は営業しておりますが、すでにスケジュールはいっぱいです。
ご来店作業とともに、お預かりのFDのエンジン回りフルリフレッシュ作業も粛々と進めております。
20240323_111927
20240329_164834
画像よりも分解は進んでおりまして、GW中に補機パーツ取り付けまでいけるといいな。
とにかく換えられるものはすべて新品交換するので、シーケンシャルターボで部品が多い分時間もかかります。

うちで扱っている車種がRX-7やRX-8で固定なので、生産が2012年より新しい車はなく、すべてが年々古くなってきているので、それに伴って年々作業時間がかかるようになってきてる気がします。
自分の歳も若くなくなってきているのも影響してるかも苦笑

さらに、作業をしていくうちに当初の予定にはないところがトラブってたりで、当初の予定時間通り・目論見通りに終わらないことがほとんどです。

今週もありましたが、バキュームユニット交換だけの予定が外してみたら、その下にあるインジェクターからガソリンが漏れてて、インジェクター交換追加、みたいなこともよくあります。
ある程度の部品は在庫しているので、あればその場ですぐに対応できます。
20240427_161639

ちなみに、分解したときには乾いていて、インジェクター周辺の変に汚れがありホルダー回りが赤っぽくなっている感じででしたがこれはガソリンが漏れてた跡なので、ひとまずパーツクリーナーで洗浄し、ダイアグ短絡でフューエルポンプ動かしてある程度の時間燃圧かけ続けてみたら、
20240427_160435
やっぱりじんわりと漏れてきました。

とまあ、怪しいところは点検も丁寧に時間を掛けてしまいます。

しかも、ソレノイドバルブもエラーコードは2か所分しか出てなかったのですが、すべてのソレノイドの抵抗値を測ったら、11個中6個の抵抗値が飛んでる(うちバキュームユニット内は4個)という感じで、それも今の時代は珍しいことではありません。
20240427_171625
バキュームユニットは、分解してソレノイド単体交換するよりも思い切ってアッシー交換がお勧めです。分解したとき割れやすいですし。

さらには出庫後にすぐ別のトラブルが出るというのも避けたいので、作業後の仕上げチェックにも時間をかけて、気になるところのチェックも怠らないようにしています。

なので、預かり作業のスケジュールが遅れておりまして、ご予約いただいている皆様にはお待ち時間が長くなりご迷惑おかけしますが、順番までしばらくお待ちください。

明日は年内営業最終日ですが、朝からタイヤサポートで早朝から筑波サーキットです。
20231205_051700

タイヤサポートも2023年ラスト。
20231205_092746
20231205_054659
タイヤホカホカサポートしているBAR11号は、11月のシェイクダウンから12月中も精力的にタイムアタックしておりますが、ベストタイムは更新しつつも、目標である筑波分切りは未達成。
ここから分切りまであとコンマ数秒が一番長くかかるんですよね。

誰しも筑波分切りって簡単じゃないよね。
後期ならではの重量ハンデもあるし。

明日はどうなるでしょうか。
頑張ります。

なお、リアルテックの年末年始は、12月27日~1月5日までお休みいただきます。
オイル通販の年内出荷は、明日26日入金確認分まで、出荷は27日になります。
2024年年明け出荷開始は1月6日からになります。

9月の新型発表日に予約注文しました、MX-30 Rotary-EV Edition R を昨日お迎えに行きました。

今回は、いつも当方RTオイルを取り扱いいただいている関東マツダ様にて購入しました。

最短納車日が12月17日ということで、前日まで作業スケジュールの段取りをして、夕方無事に板橋本店に到着。

さすがは関東マツダ本店、納車専用部屋はとても豪華でおもてなし感満載です。
20231217_182417
ナンバーはいつも通りエンジン排気量。搭載されている1ローター8C型の排気量にちなんで『830』です。

すでに先月マツダのメーカー試乗会で乗ってきていますが、納車時の使い方説明という新車を買った時にしか出来ない儀式もしっかり行っていただき堪能してきましたよ。

取材会やイベントで見せていただいた、Edition R専用のキーフォブも自分のものとなると一気に高揚しますね。
20231217_182900

これから、このMX-30で新しいロータリーEVの世界を勉強していきたいと思います。
20231218_093134
20231218_093441
20231217_202726
20231218_094616
まずは、各部データ取りからです。
新車だし、ゆっくりやっていきます。

長い時間かかってしまいましたが、RX-8後期スピリットRで筑波分切りを目指すBAR11号がようやく完成しました。

作業は、サイドポート拡大エンジン、ミッション、LSD仕様変更などドライブトレインすべてにダンパーOH、その他諸々やりました。
昨シーズンから全体にわたる大幅変更でしたので、手を入れた箇所も多いためチェックも入念に時間をかけて行いました。

そして、納車後そのまま筑波サーキットにてシェイクダウン走行。
20231124_130839
一緒にうちの新サポートカーもシェイクダウンです笑。
走行まで時間もないので、タイヤは天日ウォーマー。

20分2本走行して、各部動作に問題ないか、漏れがないか、コンピュータセッティングの確認もしてきました。
20231124_132550
この日は、この時期のわりに非常に暑いのでチェック走行にはもってこい。

結果、すべて問題なし。

コンピュータセッティングは、セッティング用につけたモニターをGoproで撮り、走行時の動画を全部確認しましたが、気温23~24度くらいの部分は事前のセッティング時と変わらず全く問題なくOK。
次回気温が下がったところでさらにセッティング確認して、修正点があれば現地修正していきます。

しかし、走行中のエンジンデータを見続けちゃうと、パーシャル領域とかもっとガンガン突きつめたいとか思っちゃうけど、純正コンピュータだと合わせ込むのに手間がかかりすぎて非常に大変なので、まずは全開領域をきっちり合わせましょう。

ダンパーは製作から8年ぶりにOHしましたが、かなり良くなりました。もっと早くやっておけばよかったかしら。
20231117_172850
LSDの仕様も問題なく、安心しました。
そうそう、今回デフマウントをスーパーナウさんの軽量タイプのテスト品を付けました。
20231121_112112
これまでのウレタンのものより軽い!

さらに、今回初のHDP放熱&断熱コーティングもエアグルーヴ(断熱)とラジエータ(放熱)に行いましたが、かなり効果あり。
20231122_105959

この車両はエアコンレスとはいえ、気温23度で走行中は水温84~86℃くらいで安定、ピークは一瞬89℃まで上がったくらいで、アクセルを緩めればすぐに81℃まで落ちるという冷えよう。すごい。
これならラジエータ電動ファンも作動せず、電気負荷もかからず走れます。
20231124_174600
エアフロで測る吸気温度もコース上に出てしまえば外気温と全く一緒の23℃でピットインまで上がらず常時走れるという安定感。
素晴らしい。
HDPコーティングも今後テスト検証を続けていきます。

とりあえず一安心。

これでお待ちいただいているご予約作業を順に進めていきます。

↑このページのトップヘ