ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

カテゴリ: リアルテック日記

初めて作業させてもらったお預かりのFDは、点検してみるとそこらじゅうのボルトが折れたままだったり、ネジ山がダメになってナメたままで、まともにボルトが締まってないところ多数な状態でした。

特に普段見えない下廻りは、酷い限り。
トンネルメンバーのところは、マスキングテープで隠して黒く塗ってごまかしてあったり(ビックリ!)、
20201005_133615
20201005_133618
フロントパイプのステーはネジがなめたまままともに締めてなかったのでカタカタしてたり。
20201005_173217
20201005_174643

よくダメにしやすい、ミッションアンダーカバー取り付けネジ穴も例外ではなくガバガバ。
20201005_173227

ラジエータアンダーカバーもボルトがサビサビだし、ボルトが3箇所くらい付いてなかったり...、
20201011_150852
20201011_150859

トンネルメンバーを外してみるとこの通り。
20201006_105449

気に喰わないので、全部直しました。

ミッションステーのボルトは手持ちの中古良品に交換(下側)
20201005_175611
20201005_180027
20201005_180220
20201005_180826
20201013_173813
20201013_173823

20201012_144246

さび付いているところは難儀しましたが、すべて外し、交換できるところはボルトやクリップナットを新品にして、ネジ山はタップやヘリサートで直し、折れたままのボルトはドリルで揉んでタップをたててネジ山復活。

エンジンルームのバッテリー下のメンバーもボルトが折れてて、さらに錆でグズグズでしたので、
20201011_152251

20201011_174748

軽くサンドブラスト掛けて、
20201011_184726

折れたネジはドリルでもんで外して、
20201011_185256

大きな腐食部分は削ってならして、タップをたててネジ山修正、
20201011_185407

黒サビ転換剤塗って、
20201011_185921

塗装して完成。
20201012_084553
20201012_100237
20201012_101727

折れたボルトやネジ山の修理は全部で10箇所以上直して何時間掛かって大変でしたが、オーナーさんが満足してくれたのでOKです。

※よく折れたボルトやなめたネジ山を直したりすると、『そんなかんたんに直せるんですか!』って驚かれますが、そんなにみんな直せないものなんでしょうかね???
面倒くさいだけで難しくは無いんですがね。

そろそろ寒い季節に向けて、サーキット系のセッティング作業が増えてきてます。

今週は、日本最大のタイムアタックイベント『Attack』に参戦しているRX-8たちのセットアップ作業が続きます。
(そういえば、デモカー以外でリアルテックでエンジン、コンピュータや足廻りなどのセッティングなどを行っているRX-8は計4台Attackに参戦してます。RX-8では最大勢力!)

ちなみに、最近初めましてなお客さんは、うちがサーキット車をやってることを知らない方も多くいらっしゃるんですよね。
サーキット車、ゴリゴリやってます笑

こちらのRX-8はアライメント調整。
20201013_112333

タイムもタイムなんで、本当はそろそろダンパーやスプリングも何とかしたい感じですが、ひとまずアライメントをきれいにあわせて、今シーズンも頑張りましょう。


さて、今日は業者様からRX-8のリアライズコンピュータの書換えのご注文を頂きました。
20201013_135554
モデルは、エントリー・スピード・クールに限りますが、業者様への業販も行ってます。
自分でコンピュータ外すのはちょっと…という遠方のユーザーさんはお近くのショップ・ディーラーさんにご相談ください。

長らくお待たせしております、お預かりのRX-8 6ATのエンジンOHをようやく開始しました。
20201007_142339

作業はエンジンを下ろす前にちゃんと点検することから開始します。
センサー系をすべてロガーで点検し、エンジンコンプレッションも測定。

このエイトは5万キロと低走行ですが、コンプレッションはこんな感じ。
20201007_150641
20201007_151345

リア側は900kpa前後あるのに、フロント側が完全にブローしてます…。
波形は出てますが、数値は低すぎて出ません。まあ300kpa前後って所でしょうか。

こうなった原因は、プラグコードのさし忘れ...。(もちろん、差し忘れたのはウチじゃありませんよ)

暑い時期に、プラグコードが完全に抜けた状態でちょっと加速しようとアクセルを強く踏んだら一発でこうなったようです...。

1本くらい外れてても普通に?エンジン掛かってしまうRX-8ならでは…といっちゃいけないけど、
実際プラグコードがささりきってない・抜けてるという車両はよくあります。
まあ、差し込んが人がちゃんと差し込めない事が原因だったり、プラグコードが腐食してスカスカになっていることが原因だったり。
(リアルテックでメンテしている車両ではそんなことありませんがね)

僕は【ロータリーエンジンは点火が命】って良く言ってますが、まさに点火で命取られたって感じです…。

ガックリとしか言いようが無い状態ですが、しっかり直していきたいと思います。
20201008_151434

先日のRE40周年記念モデルのネタに続き、今回はRE30周年記念モデル RX-7・FD3S TYPE-RS-Rネタです。
20201004_175305
メーターイルミネーションを点けると、通常は4型なグリーンな色に盤面が光りますが、今回のRS-Rのメーターはなんか変な紫色っぽく光るし、全然暗くて見えづらい。

超カッコ悪いので、ノーマルに戻します。

メーターを外して、電球をみてみると…、
20201004_175405
案の定、LEDに替わってました。
20201004_175919
何でこんな色の球に替えたんだろう?と思いつつ、ノーマルなウェッジ球に交換して、ノーマルな緑色に光るようになりました。
20201004_180024
替えた人は良かれと思ってやったんでしょうけど、メーター照明はただ適当な球に換えただけだと、見づらいだけです。
あースッキリした。

このRS-Rのメーター、指針も他のモデルと違って唯一細かったり、盤面も細かかったり、書体も5・6型のような書体で好きなんすよね。
ロータリーエンジン30周年アニバーサリーのロゴも特別感があっていいですよね~。
20201004_175309


先週より欠品してましたエンジンオイルRT-01がいっぱい出来ました。
20200924_094409

本日より、出荷再開です。
今日も多くのオーダーいただいております。
何ケース分も作ったので、しばらくは大丈夫かと思いますが、ご購入希望の方はお早めにオーダーください。

ちなみに~、
メールでのお問い合わせの中に、RT-01入れるとコンプレッションが上がるって本当ですか?ってのがよく有ります。
点火系、O2センサーなどの各センサー、エアクリーナー、触媒などエンジン補機部分に不具合が無い場合は、ほとんどのエンジンでエンジンコンプレッションは戻ってきます。
逆に、例えばプラグ一本火が飛んでないとか、触媒が壊れて詰まってるとか、エアクリーナーからダストを吸っているとかが不具合があれば、RTオイルを使ってもコンプレッションは思ったとおりには上がりませんので、車両の点検・メンテナンスをしっかり行った上でRTオイルをお使いください。



↑このページのトップヘ