ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

カテゴリ: REAL-TECHデモカー

スーパーバトルが終わった次は、だいぶ時間が空いてしまったマツ耐号復活作業です。
20200124_142107

当初はスーパーバトルで新マツ耐号を走らせたいと思っていたので、発行まで時間のかかる車庫証明を昨年末に申請してました。あと、ご当地図柄入り希望ナンバーも。

そうこうしているうちに今度の月曜日に車庫証明の期限が来ちゃうので、慌てて車検と登録に向けての作業始めました笑
20200124_175626
時間がないので、移植作業はせずに、ノーマルに近い状態にします。
結構部品を剥ぎ取っていたので、走れる状態に戻すにはまあまあ時間が掛かりましたが、車検に持っていける状態まで整備完了。
20200125_150026

さて、明日は筑波でエイトリアンカップです。
今回はデモカーは走らせないので、ユーザーサポート。
フージャータイヤにタイヤホカホカサービスをしてきます。
20200125_154101
エアを合わせて、ウォーマーを巻きつけ、荷積みも完了。
天気も良さそうなので、ノーマルエンジンでどれだけ1分0秒台に近づけるかチャレンジです。

いよいよ今週木曜日に迫ったレブスピードスーパーバトル。

タイムアタック号のセットアップとチェックがようやく完了。

仕様変更したカーボンハイブリッドLSDはプレートを替えたので、念のため慣らし運転。
タフブラックブレーキローターも念入りに当たり付けしました。
走行後は、各部最終チェックして、下廻りを仕上げて、内装もレギュレーションに合わせて準備しました。

ついでに、最後の悪あがき笑。
トータルで8kgくらいは軽く出来たかな。

あとは明日サブタイヤに交換して、ボディ磨いて完成です。


そして、肝心のタイヤもエア圧を合わせタイヤウォーマーを装着して準備完了。
20200121_113748
今回から、Sタイヤ使います。
銘柄はタイムアタック界隈で話題の…、
20200121_112156
フージャーです。

目標は、筑波分切りです!!!

まあ、いきなり分切りできるほどあまくないと思うので、今度のスーパーバトルは『RX-8ナンバー付き・分切りへの道 その1』ということで、現状でどのくらいまでいけるかってところです。
20200121_184625

走行は朝9時からの一番最初のAグループで、天気もギリギリOKそうだし、気温・気圧も予報では最高なので、一番いい状態で走れそうです。
スーパーバトル当日は入場無料なので、仕事をサボれる人はぜひどうぞ!

今週のお預かり車も休み返上で作業したのですべて出来上がり、今日はタイムアタック号の作業にやっとたどり着けました。

いよいよ大物作業に着手。
先週末に出来てきたカーボンLSDをスペアデフケースに組み付け。
今回の大きなセッティング変更のひとつ、カーボンLSDの仕様変更で、
今までのカーボンLSDをカーボンハイブリッドにして、ドライブ26度カムの1.5WAYにしました。
イニシャルトルクも変更しました。
20200117_192136
一緒にタイヤサイズとターゲットタイムに合わせてファイナルも4.777に変更。
計算ではドンピシャな感じになる予定です。笑
シフトアップ・ダウンも一往復分減らせますしね。

デフカバーは、先日ご紹介した放熱セラコートした後期カバーを付けてみました。
20200117_200300
見た目もかっちょええです!

今日は朝に1台納車した後は、地区の新年会や急遽消防の集まりもあって、半分休業みたいな感じでした。

戻った後は、23日の筑波スーパーバトルに向けてタイムアタック号のちょっとだけ作業を進めました。
20200112_162655

スプリングレートは、使用するタイヤを想定して変更しました。
ただ、走らせてみたらこれでも足りないかもしれないのですが、とりあえず安パイなレートに設定。
スプリングはいつもどおり、お気に入りのサスペンションプラス・UC-01です。
20200112_165112
今までのスプリングのレングスは8inchでしたが、車高とスペースの都合上7inchに変更。短くなって左右で1.2kgのダイエットにも成功笑


フロント・ブレーキローターをお試しでタフブラックコーティングしたスリットローターに交換。
20200112_172504
マットガンメタなカラーがクールです。
ブレーキの効きアップ、クラックや歪み抑制を見込んでます。
そして何より、まったく錆びないってのがいいかも笑
ただ当たり付けに時間が掛かるので、最初は慎重に走らないといけない感じです。

仕様変更したカーボンLSDやタイヤなどパーツもぞくぞく揃ってきてますので、作業もざくざく進めていかないと。

今週お預かり作業はパーツ待ちとなり時間が空いたのでスーパーバトルに向けて、タイムアタック号の作業を開始しました。

まずは、暖気してエンジン関係の測定。
20200107_144223

エンジンコンプレッションは、サーキット走行前後で必ず測るようにしてます。
今回も特に変化なく・・・どころか去年よりちょっと上がってました。

エントリーはストリートクラスになるので、排気ガスも測定。当日も測りますからね。
当然基準値内でOKでした。


次にマツ耐号で使うためにタイムアタック号から拝借したパーツを元に戻す作業笑
シートからトランク、インフォメーター、点火系パーツなどもろもろ戻します。


そして、バッテリーを久しぶりに新品交換。

今回は、SHORAIバッテリーにしました。
20200107_140056

この手のリチウムバッテリーにしてはリーズナブルですしね。
うちはバッテリー位置は純正位置派なので、純正バッテリーケースを加工して取り付けました。
20200107_180023
何で純正位置派かというと、オイル交換のときフィルター交換が楽だから!笑
ってのがメインの理由で、移設しなくても水温はきつくないし、配線も加工したくないってのもあります。

↑このページのトップヘ