ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

カテゴリ: REAL-TECHデモカー

次期マツ耐用の18万キロオーバーRX-8ですが、以前オイルをうちのオイルに交換して良くなったんですが、街乗りで乗っててまだ違和感があったので、コンピュータを当初から入っているものから、リアライズ・マスターの吊るしデータに書き換えました。
20200329_101359
(画像はイメージです)

早速、乗ってみると…、これこれ!やっぱりこれいいわぁ。
まあ、自分で作ったデータなんだから当たり前だけど笑、18万キロノーマルエンジンでも全然良くなりますね。

まず発進が圧倒的に楽。
そこからアクセルを徐々に踏んで行って加速するのも楽。
そのままシフトアップしていくと、6速に入れるタイミングが確実に早くなった。
さらに、街乗り巡航時の微妙なアクセルコントロールの追従性も良くなりました。
これは、リアライズ・マスターを入れたら誰でもわかると思います。
われながら、純正で抑えている部分を違和感なく、うまく開放してるなって印象です。笑

そして、ここから現車セッティングで車両個々の仕様特性や状態に上手く合わせることで、全域でもっとも効率の良いセッティングを実現させています。

NAは1馬力・1馬力が大切です。
RX-8の車両特性からも、コンピュータは現車セッティングすることでレネシスの性能をフルで発揮できるようになります。
もともと、『コンピュータセッティング』って単にデータを書き換えることじゃなくて、クルマにあわせた調整をすることですからね。

すごく久しぶりに、ウチのFD(6型Rバサースト)のフルメンテしました。
20200316_185733
新車から18年、いつもおきっぱなしなので距離はほとんど進んでませんで、かれこれオイルやクーラントはいつ交換したか忘れるくらい前なので、一気に油脂類全部換えました。(ニューテック製品使ってるとまあまあ放っておいても平気だと思うとこうなります笑)

今回は、
エンジンオイル リアルテックRT-01 5w40
ミッションオイル リアルテックRT-35ストリート 75w85、
デフオイルは、ニューテックZZ-32 80w120
ブレーキフルードは、ニューテックRP-300
パワステフルードは、ニューテックZZ-51改
クーラントは、ニューテックZZ-91R
を使いました。
うちのFD街乗りお勧めラインナップです。

ちなみに、車両をほとんど乗らない保存派の場合、エンジンの固着が心配だったり、クーラントも気になりますよね。
その時は、ウチのオイル、ニューテッククーラントが強烈におススメです。
オイルはシール固着しづらく、油膜落ちづらく、クーラントも水路の防錆効果最強です。
ガソリンにNC-221を混ぜればなお良しです。
20200316_115309
20200316_153015

と言っておきながら、久しぶりにエンジン掛けたら、アイドリングがボフボフしてるな~って感じでして、
あれエンジンやばいかなって思い、エンジンコンプレッション測定。(このFDは、いつもの純正テスターと、新車の時から使っている社外コンプレッションテスターの両方で測定しています。)
20200316_140252
20200316_140506
まったく問題なし笑

イグニッションアナライザー、タイミングライトでプラグの火が飛んでるかみてみたら、見事L2の火が飛んでない・・・。
20200316_160525

プラグを外して見てみたら良く分かります。
20200316_160231
試しに、違うプラグつけたら、ちゃんと火が飛びました。
プラグを替えてから、100kmしか使ってないのに…。
ダメプラグは抵抗値測ったら、数値がパラパラ、4~5メガΩになったり戻ったりを繰り返してました。
プラグ新品交換後は、アイドリングもOKになりました。
アイドリング負圧もこの通り。
20200316_185318
これでもうちょっとコンプレッションも上がってくるかな。

さらに、下廻りも汚れや腐食を落して、全体を潤滑とコーティング。マフラーにも耐熱ワックス塗りました。
20200317_132720
まあまあパリッとしました。
簡単に書いてますが、下廻りは結構手間と時間がかかります。


久々にこのFDと戯れているのでいろいろと時間が掛かってしまって(掛けてしまってかな笑)、仕上がりまではもうちょっとかかりそう。
ボディもきれいに洗車してあげないと。

26日発売のレブスピード誌に1月に行われた筑波スーパーバトルの結果が掲載されました。
20200228_090951
20200228_091108
20200228_091055

当日は走行直前に雨が降り始めてまともにアタックできませんでしたが、1分2秒0と雨にしちゃ結構なタイムをドライバーの谷川さんに出してもらいました。

ひとつ訂正ですが、誌面文中ではタイヤウォーマーの設定温度が60℃となってますが、それは間違いです。
設定はもっと高いです。
さらに、谷川さんの結構強気なコメントも掲載されていますので、ぜひ誌面でご確認ください。

DVDの方にもちらっと映ってたりしてましたが、うちのエイト派手なんですぐ分かりますね笑

昨日は久しぶりに仕事はOFF。

なので、久々に自分のRX-7のメンテナンスしました。(やってることは仕事みたいですが、プライベートです笑)

まず洗車。
うーん、ボディ表面のツルツル具合が悪くなってきたので、どこかのタイミングで磨きに出したい感じ。

そして、ガソリン満タンといっしょにニューテックNC-221を1本注入。
IMG_6293
FDのガソリンタンクには1本でドンピシャです。
これでガソリンがダメになりづらく、さらにはタンクやフューエルラインの保護、インジェクターの洗浄も出来ます。

さらに、エンジンルームや下廻りをきれいにして、年一のコーティング。
エンジンルームは、ニューテックNC-101を惜しげもなくスプレーして、軽く汚れを落としつつ、各所の錆やアルミの腐食を防いでます。
ゴムにも影響ないところが安心です。
今回は、ホームセンターや量販店でしきりに宣伝してる某有名メーカーのエンジンルーム泡クリーナーも試しましたが、きれいになるのはいいけど、プラスチック部品がテカテカになりすぎちゃうので、新車同様の風合いを出すならNC-101が最強です。作業も簡単だし。

下廻りも、NC-101を中心に、部位に合わせて色々なものを塗りましてきれいさをキープしてます
pro-Cat08-NC-101.png
http://nutec.jp/products/chemical/nc101.html
20200219_163329

そして、オイル交換とエンジンコンプレッション測定。
20200219_151722
オイルの寿命が長いことと、ほとんど乗らないことをいいことに、いつオイル交換したか忘れましたが苦笑、前はたぶんニューテックNC-53Eか、ウチのRT-21だった気がします。

エンジンコンプレッション測定は、購入時以来3年ぶり。
当時から50kpaくらい上がってました。(うちに来てからはニューテック漬けにしてました)
20200219_150308

新車からのノーマル3ピースアペックスシールのエンジンなのでもっと上がってきてもいいけど、ほとんど乗ってないんでね。長い目で見ましょう笑

なにより、ニューテック製品はどれも期待通り、いやそれ以上の性能を発揮しますね。

今日は朝から陸運局へ。

新マツ耐号の登録をしてきました。

突貫でしたがちゃんと作りこんでいきましたので、スムーズにナンバー取得まで出来ました。
20200127_090221

画像を見て分かる通り18万キロオーバーの過走行なんですが、乗ってみてもしっかりしてます。
RX-8は良いクルマです!

↑このページのトップヘ