ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

カテゴリ: REAL-TECHデモカー

あと一週間と迫ってまいりましたエイト祭。

先日のアライメントに続き、マイナーチェンジ作業をしました。
イメージ 1

今まで純正ラジエータでしたが、純正ラジエータに交換しました。

…???

でしょう?


マイナー前のラジエータから、マイナー後のラジエータに交換です。
純正ラジエータのコアの厚みは、
マイナー前26mmに対し、
マイナー後は36mm。
画像でもはっきり分かるくらい厚いです。
イメージ 2

しかし、RX-8はラジエータを厚くし過ぎると、逆に冷えません。

単純に厚くなった分、走行風が抜けづらく、結果冷えません。(説明端折り過ぎか?)

なので、適度に厚さが増してあって、何より価格の安い後期純正ラジエータってことなのです。

ちなみに現在デモカーエイトには、オーバードライブのラジエータプラスがついております。
これが結構良くて、水温は良く冷えます。
はっきり言って、前期ラジとラジエータプラスだけでも、7月7日の30度ぐらいの気温で、20分走りっぱなしでも全然OKでした。

しかし、さらなる水温の低下を目指してやってみまてます。

前期の純正バンパー・グリル加工なしで、しまいには冷却に厳しいミニサーキットで、夏場炎天下で100℃以内に収まれば画期的。

昨日はなんだかグッタリ。

しかし、日中はイベントの片付けとデモカーエイトの走行後整備&確認でした。

コンプレッション測ってみましたが、オール8キロ越え。
一箇所やけに高いところ(8後半)がありますが、ノーマルエンジンにしては可もなく不可もない感じです。

近々開けちゃお♪

さて、走行中の確認として、ガス欠がどのくらいの残量で出るか確認しましたが、画像の状態でも出ませんでした。
イメージ 1

あれ、こんなに走れたっけ???

ちなみにこれで、残りが13Lぐらい。

もっとタイムが速くなれば出るのかな。

次回へのお題です。

今日は、デモカーエイトにシートと4点ベルトを付けました。

なぜこれらの作業を最後に持ってきたかというと、

CPUセッティングしてる時に助手席のノートPCが見づらいから!

これだけです。
でも重要です。

なんせ腰が痛くなるのです!


さて、装着したシートベルト。
珍しいオレンジ。
リアルテックのイメージカラーです!
完全に色だけで決めました!!!
重要でしょ?そういうの。
イメージ 1


でもこれ、どこ製???

でもFIAの規格は通っているようです。

装着感は問題ありませんでした。
あとはドライバー様のインプレを待ちましょう。

さて、明日は早起きして作業です。
看板作んなきゃ!

リアルテック・デモカーのRX-8がほぼ完成しました!
昨日までで足廻りとブレーキ、冷却関係を片付けて、
今日にコンピュータの現車セッティング&各種メンテ&走行チェックを済ませました。
イメージ 2

やっぱりRX-8&レネシスは楽すぃ~♪

まあ、なんもトラブルなく完成しました。
既製品ばかりですからね。
そりゃそうだ。
冷却系は新たなトライなので、ハマればいいな~。

残す作業は、タイヤ履き替えとフルバケと4点ベルトとステッカー貼りだけ。(あれ、まだだいぶ残ってんな...汗)

これで7日の日に臨みます。
シェイクダウンですから、シャカリキではなく楽しみながら走行させたいと思いま~す!
イメージ 1

昨日の今日でなんですが、大人の事情により、デモカーFDのホイールを変更します。

そのホイール、ちょっと程度悪いんだよな~。

↑このページのトップヘ