ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

カテゴリ: REAL-TECHデモカー

リアルテックのデモカーRX-8のブレーキパッドは、制動屋のRM551+を使用してます。

フィーリング・コントロール性も良かったのですが、ドライバーさんからもう一段階ストッピングパワーを上げてもいいかなとのことで、次回からRM550を投入します。
イメージ 1

FDでも好評いただいているので、エイトでも良くなるはず!

制動屋さんのパッドは、いつもカユイところまで手が届くので助かってます。

エイトリアンカップから一夜明けまして、今日は空いた時間に走行後の点検・考察をしました。

タイヤの減り具合から足廻り&ロガーのデータの確認とまとめ、各部不具合がないかなどなど点検を。

大きいな不具合は全くなかったので、各部磨耗度合いの確認程度に。

足のセットについては、走行データとインプレをあわせていくといろんなことが分かってきました。
色々な面で方向が一致してきましたので、次回の走行はその辺のすり合わせをね。

また、エンジンコンプレッションを測ってみました。

数値自体は8キロ半ば~後半とノーマルエンジンにしては、非常に高い!
このクルマ買ってきたときより上がってるかも。
それに数値が揃ってます。
イメージ 1


また外したプラグ見てびっくりです。

ほとんどカーボンの付着がありません。
これ、今回おろしたやつじゃないのですよ。
もう数千キロ使ってます。
普通は街乗りしているとカーボンの粒が徐々に付着するのが普通です。
それはサーキット走行でもすべて吹き飛ぶものではありません。
イメージ 2

日ごろからの燃焼具合の良いこと&オイルのカーボンの発生具合の少ないことが決め手。

これもリアルテック<REAL-ize>コンピュータで全域適正に燃焼コントロール・セットアップと、カーボン発生が少なく、潤滑性に優れたオイルのおかげですな。

皆さん、試してみますか?

その他の項目についてはまた次回。

二日酔いにもめげず(笑)、
10月17日のエイトリアンカップに向けて、リアルテックRX-8:1号機に小細工を投入します。
イメージ 1

テーマは『お金をかけず、基本に立ちかえる』!

さて、どうなるか?



エイトリアンカップ ↓
http:// rte.see saa.net /articl e/16234 8201.ht ml

保険の試験が明日に迫ってますが、試験勉強にもいい加減飽きてきたので、気晴らしにこの前定期点検した時に、なぜだかニップルがすっぽ抜けてたチャージコントロール・アクチュエータの修理をしました。

新車からまったく手を入れてないところ&今まで見たことない現象で、まったく運が悪いな。機械だからしょうがない。


修理開始の前に、この状態で走行チェック。
う~ん、やはりブーストのかかりは、プライマリー・セカンダリーともに問題ないな。
だから乗ってて気づかなかったのか。

で、ちょっと冷やして分解。
アクチュエータは、セカンダリータービン側のインテークパイプについてますので、外すには画像のように廻りを派手にバラバラにしないといけません。
イメージ 1

と言っても、難しいことないのでサクサクサクサクと外していきます。

イメージ 2

ニップルの抜け具合によっては、くっつけちゃおうと思ってましたが、無理っぽいので素直にスペアに交換。

ちなみにここの部品、アクチュエータだけだと出ないし、パイプと丸ごと買うと25,000円!
高い!!!

交換ついでに、この近辺のブローバイ汚れをきれいに洗浄。

性格上、外したパーツ・手を入れたところはきれいに洗浄しないといられません。

修理完了後、またも走行チェック。
ブーストのかかりは、まったく変わらんね。

常に下流側に圧力掛けて、動きを安定・確実にさせてるんでしょう。
勉強になりました。

ウチの6型FDの定期点検をしました。
イメージ 3

このFDは新車の時から1000キロ毎に点検&コンプレッション測定をしてきました。
この度39,000キロを超えたので、それに加えてプラグも交換。

このFDで定期的にコンプレッションを測って距離によってどう変化するか、気温・時期にによってどう変化するかのデータを採ってます。
新車の時からしかできませんからね~。
もう8年やってます。
しかし、距離が伸びない(伸ばしてない?)から、年に数回ですが~。

そんな中でも新車から乗って分かることはたくさんありましたね。
エンジン掛けた時の回転変化やアイドルの具合などなど、意外にパワーをかけてない状態での本来の動き・制御が分かります。
街乗りじゃそういうところが一番重要だったりします。
そういうことを知りたくて、新車を買ったようなもんです。勉強になりました。
なのでお客さんのFDを乗ると、新車状態が分かってる分、異常があるないがすぐ分かったりします。

そして、新車と変わらずのコンディションが保てるようビシッと定期的に消耗品も交換です。
そのおかげでコンプレッションはほぼ新車と変わらず、パワーも測っても新車時と比べても落ちてません。


さて、そんなFDですが点検時にタービン側からパッと見てみると…、

おや?チャージリリーフバルブの付近がちょっとブローバイで汚れてんな。
珍し。

気持ちが悪いのと継続的にブローバイが吹くかの確認のため、外してバラしてきれいに洗浄。

ホースも大丈夫。あれあれ?なんだべ?

そして、チャージリリーフの下にあるチャージコントロールのアクチュエータもブローバイで汚れているのできれいにしてやろうと思い凝視したら…、

おっ!!!
アクチュエータの下流側のニップルが折れてる!!!
というか抜けてる!!!
イメージ 1

13年やっててはじめてみた!!

このニップルロウ付けでくっついていますが、それがスポッと抜けてます。
イメージ 2

ブローバイの理由はこれか!

ちなみにここは、チャージリリーフも含め一回も手を入れてないところ。

まだまだFDは奥が深い!笑

さて、今度直そ。
その前にその状態で一発走ってみるかな。

↑このページのトップヘ