ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

カテゴリ: REAL-TECHデモカー

休日の過ごし方と言えば、趣味に興じる。
そんな過ごし方がいいですよね!


なので、昨日の定休日は趣味もあるのロータリーエンジンOHをしてました。笑


デモカー予定のFDが半年以上エンジン降りっぱなしなので、
いよいよ動かそうかと正月休みの元旦から測定やらシールクリアランス調整やら仕込みをしておりまして、昨日やっと組み立てが出来ました。

今回は、スーパーリビルドエンジン。
なので大物部品は全てユーズド品。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

部品コストを出来る限り抑えつつ、その中で組み付け精度で最大限のパフォーマンスを発揮できるようにしました。
そして通常のお客さんのエンジンでは出来ない色々な試みを突っ込んでみました。
オイルパンに塗るシール剤までお試し品です。
いろんな意味で限界にチャレンジして、各パートの見極めに使います。

もちろん、上手くいけばすべてフィードバックです。

一昨日、筑波サーキットで今年1発目のRX-8デモカーのサーキットテストをしてきました。

やりたいことがいっぱいなので、筑波ライセンス走行・全3枠走らせました。
イメージ 1


今回のテストの題目は、12月のレブバトルでのトラクション不足解消のセ
ッティング変更と、新規投入パーツ有無での動きの確認。

タイヤは、レブバトルと同じ245のままです。


今回は、正月休み最終日ということもあり、コース上は大渋滞。
常に30台以上はいたでしょうかね。

車の動きの変化確認なので、タイムは大して気にしませんので良いのですが、
車の間を縫って走り、さらに車の評価をしなくてはいけないドライバーさんは大変です。


1枠目のセッティングはいまいちでしたが、2枠目までのインターバルでセッティングを変更しての結果は、
バッチリOK!!!!!

めっちゃ決まりました!

ダンロップ~80R、最終コーナーは今までにないくらいの最強トラクション。
臆することなくアクセル全開OKです。

ピットに戻ってきたドライバーのコメントが、『これが踏める脚だ!』でした。笑

ちなみに元々の回頭性の良さもそのままなので、ノーズがズバーン!と入っていきますよ!

ここまでは、ノーマルエアロ。

タイムは、渋滞かき分けて走って、6秒3。
ロガーと車載見てる限りでは、最終コーナーずっと引っ掛かってるんですけどね。
(これ、レブバトルより約1秒アップ。これが朝一クリアラップのレブバトルで出来てれば、5秒だって楽勝だったのに…。)


そして、足のセッティングも決まったところで、最後の枠はリアウィングを装着してみました。

ウィングは、『オーデュラ・カーボンGTウィング』です。

その最後の枠は、さらにリアタイヤが路面に貼りついて離れなくなりました。笑

ちょっと効き過ぎなので、途中ピットでフラップの角度調整して、ほど良いところも見つかりました。

それでもロガー上は、ストレートのスピード落ちも思ったよりも全然少なかったです。

武地センセ、あのウィングいい感じに効きすぎですわ。笑
(ちなみに、このウィングのもうひとつ良いところは、ほど良い価格にいつも即納なところ。これ重要。)

タイム的には6秒6でしたが、ずっとそのくらいで走ってたので、渋滞のファミリー走行枠では上出来でしょうかね。


新年1発目から良いテストができました~。
イメージ 2


今年は本腰を入れて、エイトのデモカーを進化させていきます。
見た目もだいぶ変わります。

乞うご期待!

写真はfutaさんから頂きました。あざっす!

新デモカーFDのエンジンを早速降ろしました。
イメージ 1

結構変なところが手が入っていたりしますが、全体的に意外にいじくり倒した形跡が無く具合がいいです。

しかし、下回りの錆が酷くて、触媒のボルト切り落としました。
まあ、良くあることです。笑


さて、合間みてビシビシ進めていきますよ~。

デモカーですんで、なかなかお客さんのエンジンには出来ないことを詰め込んでいきます。

ムフフ。

レストアを開始したFCの下回り。
イメージ 1

特に事故した形跡はありませんが、FCぐらいの年式のクルマはだいたい錆びてます。

特にアンダーカバー廻り・マフラー関係など下回りは、緩めた形跡がないボルト・ナットの半分ぐらいは錆びてネジがかじっててポキッと折れます。


あとはブレーキフルードやバッテリー液がこぼれた様な跡も錆びますね。


レストアとは、錆との戦いであります。



手間がかかりますが、綺麗に直します。
せっかく直すからには再度錆が発生しないように対策も講じます。

まあ、時間がかかりますわ。

今日は、筑波のファミリー走行で、リアルテックRX-8デモカーの2台を走らせました。
イメージ 1

といっても、2号機は各部のチェック走行と新車高調のインプレ。
1号機は、レース仲間内で乗りあってチーム内バトル。笑

リアルテックの新車高調は、どのコーナーでもなかなか良い感触で、今までと比べても特にコーナー出口のトラクションの掛かりがとても良くなってます。
LSDが必要かな~と思ってたけど、いらなくなっちゃった感じ。

よしよし、狙い通り。


1・2号機を同時に走らせて、ウチのファーストドライバーにチーム員を引っ張って走ってもらったりして、ライン取り・ブレーキングの位置など、さながらドライビングレッスン状態でした。
インカービデオも撮ったしね。今後のスキルアップにもなります。

こうやってみんなでワイワイやるのは面白いですね。


ついでに2号機の今後の課題も見つかって、みんな有意義な一日でした。

↑このページのトップヘ