ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

カテゴリ: REAL-TECHデモカー

デモカー用のスピリットショックが仕様変更から戻ってきました。
イメージ 1

昨年末のエイトリアンカップでの谷川さんの走行インプレから、若干の修正をしました。

今の車の全体的な仕様からするとほぼ決まってきたので、重箱の隅をつつくような若干の変更です。


フロントとリアともに変更しましたが、今回の明後日のエイトリアンカップにはとりあえずリアだけ装着して走ります。

ぶっつけ本番なので、これで決まるといいなぁ。

あとウィングに小細工しました。
お試し細工なので、綺麗にやってませんからサーキットではあんまり近くから見ないでください。笑

あとはオイル交換やらコンプチェックやらの点検とメンテナンスを行い、完成後は夜な夜な走行チェック!

各部確認と、データロガーでコンピュータセッティングの確認。

セッティングも下から上までパワーベストな燃調にピッタリ合っててバッチリOK!

ポートチューンのコンピュータデータの精度も上がってきました。

明日はたくさんのご来店予定ですが、もうちょっと仕上げてエイトリアンカップに臨みます。

今日は、今週末18日のエイトリアンカップに投入するタイヤをホイールに組み込みました。


タイヤは、いつものグッドイヤー・RSスポーツ(265/35R18)と…、

アドバンA050・GSコンパウンド(こちらも265/35R18)です!
イメージ 1

ともに新品、Sタイヤは初投入です。


当日はラジアルのRSスポーツでのアタックがメインです。

そして、ラジアルのセットアップのままタイヤだけ変えて、どのくらいのタイムが出るかみてみます。

来シーズンの向けて、目標タイム確認の意味合いもあります。

目標タイムは、ラジアルが1分02秒9、Sタイヤが1分01秒5です。

やるからには、現在のレコードタイムを破りたいと思います。

本日のエイトリアンカップで、筑波サーキットRX-8ラジアルタイヤでのレコードタイムを更新しました!
 
タイムは1分3秒309!
 
イメージ 1
先日のレブスピード・筑波スーパーバトルの自己タイムを0.3秒縮めました!
 
さらに、リアルテックユーザーの皆さんも続々とベストを更新&上位入賞でした。
 
みなさん、お疲れさまでした。
 
詳しくはまた後日!
 
 
 

今日は注文していたホイールを受け取りに行ってきました。
イメージ 2

リアルテック・デモカーのタイムアタック用ホイールです。

TWS・T66-F、サイズは9.5jです。
イメージ 1


特約店でしか販売できないモデル&受注生産なので、3カ月待ちなのを特約店であるCCEさんにゴリ押ししてメーカーさんに早く出してもらいました。笑
あざーす。

このホイールはとにかく軽くて、剛性が高い。
今あるホイールの中では一番でしょうね。


CCEさんでは、メーカーカタログモデル以外のサイズも作ってますので、興味のある方は、直接お問い合わせください。

昨日は筑波サーキットでエイトのデモカーを走らせました。

徐々に涼しくなってきたので、これからのタイムアタックシーズンに向けて走らせ始めます!


ドライバーは、今回プロドライバーの谷川達也さんにお願いしました。
絶対的な速さがあって、常に車の全てを出しきってくれるドライバーさんです。


リアルテックでは、今までプロドライバーの起用はせずに、アマチュアでちゃんとセッティング評価のできる方にお願いして、タイヤサイズなど段階的にスペックを上げてセットアップし、タイムアタックしてきました。


そうすることで、ユーザーさんの求める車のレベルに対してのセットアップデータを蓄積してきました。


最近はみなさんのタイムレベルも上がってきましたし、リアルテック的にも当初の目標も達成できてきたので、今シーズンは全てに妥協なしのリアルテックの全てを出して、筑波ラジアルタイヤ最速タイムを獲りに行きたいと思います!

シーズン目標タイムは1分3秒前半!


さて、昨日のテスト。

昨日は谷川さん搭乗一発目なので、現状ウチのエイトがどう動くかチェックしてもらいました。

走行1本目は現状ベストなところで走行し始めました。

タイヤも前回のまま、結構使ったユーズドタイヤで始めました。

ここでタイムが、1分5秒6。
コンスタントラップは5秒半ばから6秒前半。

どうもタイトコーナーのターンインでスタビリティが低くリアが出易い状態でした。
それに、ブレーキが谷川さんにはどうも強過ぎてしまい、姿勢が安定しない。
減衰をあれこれやってみましたが、結果的には最初の減衰が良いとなりました。

エンジンは、パワーは上まで良く出てるようで、特に中間トルクは抜群みたい。それでいて走行終わりまでパワーが垂れない。
良かった!


2本目はとにかくブレーキを谷川さんに合わさないと何ともならん感じで、もっとコントロール重視のパッドに交換して、それ以外はそのまま。

パッドはドンピシャにあったようで、ターンインの姿勢も良くなってオーバー具合が減りました。
うん、ブレーキ大事!笑

ただタイトコーナーのターンインのスタビリティは根本的に解決したわけでなく、その傾向は残っているとのこと。
しいて言えば、出口のロールオーバーも少し出ると。

ここで、タイヤを交換。ユーズドでそこそこしか使ってないものにしました。

クリアラップはとれなかったようですが、タイムは5秒2。
タイヤのグリップが増した分、症状は軽くなったが、まだ残ってるとのこと。

時間が迫ってきたので、試しにフロントの減衰を上げてみました。
さらに良くはなったが、今度はちょいとフロントが跳ねるようになっちゃいました。

ここで時間切れ。
2本目のコンスタントラップは5秒前半から中盤。


終了後は、谷川さんに各部色々コメントもらって次への宿題にしました。

さらに谷川さん的には、クリアラップさえ取れれば、4秒後半は出てたよって言ってました。笑

初乗りなので、もう充分です!

気温23度で、ファミリー走行枠だし、初乗り。
なので5秒台出れば良いかなと思ってましたが、他のクルマ抜きまくって5秒台中盤で走れました。


ちなみに、ターンイン時のリアのスタビリティ以外は、おおむねレベルは高いようです。

フロントの接地感・グリップはバッチリあって、最終とか80Rとかの大きいコーナーはリアも安定していて、アンダーもオーバーも出ないよう。
ガンガンアクセル踏めてます。
最終の出口姿勢も良かったです。

最後に谷川さんに「今日は最初だし、エンジンのレブ、低めにして走ったよ」って。

お、エンジンまわし切ってないの?
それであのタイム?

今後に期待が持てるぜ!

↑このページのトップヘ