ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

カテゴリ: ガレージ日記

本日は、リアルテック体験学習(ウソ)

専門学生(13年前はね)がリアルテックの通常業務であるペンキ塗り(ウソか?)や部材運びを体験しました。
イメージ 1

ペンキ塗りも脚立使いも初めてで、慣れない手つき足つきでしたが、これだけ汗をかいて頑張ってくれました。
つなぎの上半身の色が濃い部分は、全部汗!
イメージ 2

暑かったけど、こりゃ汗かきすぎだ。
日ごろデスクワークばかりだから、重労働だったのでしょう。

一日の体験学習時間内で、本日ノルマを達成。
イメージ 3

お疲れ様でした。
男手増えると作業がはかどりますね!
あまりのハードワークに、明日会社に遅刻しないか心配ですが...。

おかげで明日は、床が塗れます。

浄化槽の設置完了です。
イメージ 1

砂利も敷いたので前よりだいぶ広々。
しかし、ここにはクルマは踏み入れてはいけません。
浄化槽が割れます。
割れるととんでもないことが起きること間違いなし!
来店の方々、注意です!


室内に繋がる上下水の配管も完了。

明日は室内側の工事。

さて水が出るか!?

昨日は今回の水道設備工事の要、浄化槽の設置です。
朝から穴を掘り、高さをあわせ、設置し、配管をして土かぶせて、
で終了。
1日では完全に埋めずチョット時間を置くと浄化槽が少し沈むらしいので、この状態で置いといて位置を安定させます。
イメージ 1

下妻市は下水道があんまりないらしく、浄化槽の設置が一般的だそうです。


さて、今日は雨だったので、浄化槽工事は中断。
その間に流し場の壁紙を貼りました。

だいぶ慣れてきましたが、カドは美しくありません。
内装屋にはまだなれないな~。
イメージ 2

壁紙も、買いに行ったホームセンターに欲しかった長さがなかったので、流し台の部分はだいぶ切った貼ったになってしまいました。
見えないからいいでしょう。

また、下屋のトタン壁の隙間が空いているので、発泡ウレタンで埋めてみました。
昔、流行った2液性のクルマ用(といっても本来は建築用だが)と違って、スプレーで膨らみも大きくないので、たいした養生もなしで作業しやすかった。
1本でそこそこ埋まりました。
固まったら余分な部分をカットして仕上げ。
イメージ 3

クルマ用の発泡ウレタンは大嫌いですが、建築材料としては使いやすくいいですね!

今日は昨日の続き。
トイレの壁紙、最後の1面を貼り付け。
イメージ 2

次に床材を貼りました。
この床材にはPタイルを貼りました。
店舗の床によくある正方形の塩ビ製のタイルです。

並べて、あわせて切って、専用のボンドで貼り付け。

で、このボンドの扱いが難しい。
簡単に言うと、ポリパテをもうチョイ硬くした感じ。
どんどん乾いてくし、結構な量塗らないといけないし...。

まあ、ボチボチ手先が器用なんで、2~3枚やってるうちに上手くなってきましたがね~。
仕上がりがいい感じなので、エンジン室の床もこれにしよっかな。
クッションフロアと違って、防水性も高いみたいだし。
イメージ 1

ということで、トイレの内装完了。

次は流し場。
しかし、壁紙なくなりました。
買ってこないと。

今日は朝から梅の実を収穫。
実を頭に直撃されながらも20キロぐらい採れました。
ちなみに腕がかぶれまくり。
何かが原因。
樹液か?虫か?

さて、水道工事が始まったので、便器が付く前に内装を仕上げないと。

ということで、早速ホームセンターで一番安い(一番手間の多いとも言う)壁紙を買ってきて、貼り付けました。

なんだかんだで、夕方5時から始めて10時までかかって作業しましたが、あと1面残しで断念。
明日に続く。

仕上がりですが、人生初のわりには良くできましたが、細部は見てはいけません。
イメージ 1

↑このページのトップヘ