ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

カテゴリ: ロータリー

今ちまたで話題沸騰中の、RX-7・FD3S用新型スロットルポジションセンサー。

単純に交換ではなく、センサーセットとして配線やガスケット、ホース、テープなど取り付けに必要なキット物になりました。
イメージ 1
なぜこうなったのかの経緯はよく聞いてないので割愛しますが、現実問題、今後これを使っていくことになります。(まあ、普通に動いている車両に無理に変えろとは言いませんがw)

説明書にはエンジンハーネスを切断して付属のカプラーつきハーネスを取り付けるようになってますが、
元来そういう配線加工が嫌いなのでw、
純正ハーネスの配線のぶっちぎらず、後戻りもできるようなカプラーオン仕様で作ってみました。
(今回は外れていたエンジンハーネスを使ってお試しです)

従来のスロットルセンサーに繋がるカプラーを外して、配線・端子はそのままで、
カプラーだけを付け替えます。
イメージ 2
簡単に書くと、爪を起こして引っ張れば抜けます。

新しいスロットルセンサーに付属の配線には、端子と防水プラグをカシメ、カプラーを取り付けて繋ぐだけ。

このような小さい端子はかしめる工具も専用品を使って、信頼性も高く作ります。

イメージ 3
イメージ 4
左が新型ハーネスにつけたカプラー、右上がエンジンハーネスに付け替えたカプラー右下が外した従来カプラー。

見た目も純正っぽく出来上がりますので、美しいです笑。
見た目だけでなく、カプラーも純正で使われているものと一緒ですので、品質も純正クォリティで高いです。

イメージ 5
カプラーを外しただけなので、配線もカットせず、短くならないのがポイント。
もし今後、従来のタイプのスロットルセンサーに戻したいときが来たりなんかりしたら、
カプラーだけを付け替えれば元に戻せます。

配線やカプラーも古くなってますから、付け替えの時に、もしカプラーぶっ壊しても従来スロットルセンサー用の新品カプラーと端子もご用意可能ですので、取り外しも気兼ねなく出来て安心です。
イメージ 6


今回は外れてるエンジンハーネスでやってみたので、時間があるときに、うちのFDに付けて装着具合や作業性を確認しまーす。

今月26日発売のレブスピードは、RX-8特集です。

しかも、表紙がリアルテックRX-8・MSV2です!
イメージ 1
初の表紙メイン、自分の作ったクルマが表紙って、20年ぶりかも。笑

特集トップページもウチのエイトで、出まくりです。
イメージ 2
これからRX-8を買ってサーキット走りたいな、買ったばっかでメンテナンスどうしていこうかな、と思ってる方は要チェックですよ。



現在、RX-8の中古車を製作しています。

とりあえず、外装をおおよそ仕上がったので笑、画像載せてみます。

RX-8 TYPE-S 86000キロ 無事故車 
イメージ 1

RX-8は今中古車がお手ごろ価格で手に入りますが、買ったばかりでうちに持ち込まれるエイトをリアルチェックしてみてみると、それなりに修理が必要なエイトが多いです。

このRX-8もそんな感じでした。

なので、安心して乗れるように壊れてるところ・壊れかかってるところ・壊れやすいところを直してから、きちっとした状態にして販売しようと思います。

どのように直していったかは、このブログで連載しようと思います。

しかし、直してたらいい感じに愛着が湧いてきてしまったので、売らないとかもあるかも。笑

12Aのスポーツキット。
イメージ 1
イメージ 2
ローターハウジングは、RX-3の時代くらいのもの。
ローターとエキセンは、12Aスポーツキット最終版の3mmアペックスシール仕様のもの。

どれもとても貴重な新品未使用品です。
保存状態も問題なく、錆もまったくありませんでした。

ローターは、量産品よりも軽量で、リセス形状のMDRタイプ。
当時の量産車用ローターと違って、リセス部は鋳肌をきれいに削ってツルツルに仕上げてあります。
ただし、2個のうち1個は若干鋳肌が残ってました。

エキセンは、リアメインジャーナル部のオイル穴後端に⊿D加工がしてあり、約30ミクロンほど小径になってます。
これは、FDから量産エンジンにも採用されている加工と同じですね。

ローターハウジングは、13B以降のペリハウジングに比べると、特徴的なインテークポートの形状です。
イメージ 3
この四角いポートは、後に丸い形状になり、さらに開き始めが丸く閉じ終わりが四角い形状に変化していきました。

量産エンジンもレーシングエンジンも、70年代はロータリーエンジンの成長期として、色々なトライを行って実践投入してましたので、形状や仕様が多く存在していました。

ちなみに、レーシングロータリーの語り部・松浦國夫さんの講演を聞かれた方は、講演の中で12Aを『12B』と記載してることをご存知の方もいると思います。
12Bと言うのはマツダレースエンジン開発内での呼び名だそうで、ディストリビュータが2個が12A、1個が12Bで言い分けるのだそうです。

長期欠品と言われていた、ロータリーエンジンのガスシールのひとつ、コーナーシールが早くも届きました。
イメージ 1
先週に、10月から順次デリバリーできると聞いていたものの、結構早く届いて助かりました~。


コーナーシールに関しては、うちではエンジンOHのあるときだけでなく、ちょくちょく数十個単位でオーダーしてます。
製造ロット別に仕入れるためです。

というのも、うちでは、1ミクロン単位でコーナーシール溝とのクリアランスを調整しますので、
多く在庫して、その中でピッタリ合うサイズのコーナーシールを選ぶわけです。
(コーナーシール溝にしろ、コーナーシールにしろ、表面コーティングされているので削ったり磨いたりするのは出来る限り避けるためです。)

ラージとスモールの2種類サイズ設定があるレネシスのコーナーシールですが、ロットごとにミクロン単位で微妙に大きさが異なるので、それぞれのロットをチョコチョコと仕入れているのです。

ローターによっては、(この溝ちいせーなー)とか、(何でこんな溝でかいんだよ!)とかあるので、
たまに紛れてるやけに大きいor小さいコーナーシールを、そんな時に使えるようにとってあります。

量産車用のコーナーシールは熱やガス圧で《パックマンが口を開くように》拡張するタイプのコーナーシールなので、そこまでシビアに調整しなくてもいいよとはマツダのエンジニアさんにもいわれたことがありますが、やっぱりそこは気持ちがスッキリするようにこだわっちゃうんですよね。

↑このページのトップヘ