ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

エンジンオイル交換時のオイル使用量
http://realtech.livedoor.blog/archives/16377797.html

カテゴリ: ロータリー

久しぶりのブログ更新になります。汗
9月も一瞬で過ぎ去りまして、気がついたらもう10月。

作業がいっぱいでたくさんの方に作業をお持ちいただいております。
予約いただいたみなさんの作業は、漏らさず・忘れずしっかり入っております。
順番にやっておりますので、すみませんがもうしばらくお待ちください。


さて、9月は週末に当日メンテ作業、平日はお預かり車の作業で、車検も多かったですが、それ以外はずっとエンジン作業を進めてました。

1型FDの方は現在部品待ちで作業がストップしてしまったので、RX-8サイドポートエンジンの方を一気に進めて、9月中にエンジン始動完了!

20220915_152821
このローターハウジングの中からローターの幅に合うハウジングをチョイス。

20220915_161109
オーバーヒートしてたので、全てのハウジングを新品使用。
現在サイドハウジングは長期欠品中なので、失敗できない…

20220916_160015
ポート加工前に全ハウジングとインマニを仮組みして罫書きます。


20220925_193158
今回も失敗せずにサイドポート拡大加工出来ました。

20220919_180818
ローターメタルクリアランス調整に、
20220919_202544
メインメタルのクリアランス調整。
2点測定・3点測定ともに気に入った数値になるようにあわせるのには結構な労力と根気が必要です笑

20220920_114946
今回から初導入の、定圧測定デジタルマイクロメーター!
コーナーシール外径測定にのみ使用するのにはかなり高額な測定器でしたが、これもこだわりなので笑
一定に安定して素早く測れる様になりました。最高!

20220920_193354
調整したガスシール(アペックスシール・コーナーシール・サイドシール)は全てシール溝位置をマーキングして専用ケースに収納してます。
ちなみに、シールやハウジング、メタルなどのクリアランス調整時は、ずっと室温を20℃にして行っているので、作業中は長袖、インナーにヒートテック着用です。

20220928_100145
シール類・スプリング類は全て新品交換。

20220928_114858
この状態からちゃんとパワーが出ますようにとお祈りしながらリアサイドハウジングを載せます。

20220927_171840
エキセン内に入るサーモペレットは、整備書どおりに点検するとロッドの伸びる長さは基準値以上に伸びるので問題なしの場合が多いです。
がしかし、新品と並べて温めるとロッドの伸びる速さ・レスポンスがぜんぜん違うので、うちでは必ず新品交換します。
こいつの作動で油圧が変わります。

20220928_151135
20220928_153342
自分が作ったエンジンの印は、このオレンジマーキング。
20年変わらない印です。

20220930_113227
リアルテックの美しすぎるエキマニも取付。これが在庫ラスト。
次の製作時期は未定です。

20221002_173208
エンジン載せる前にエンジンルーム内を洗浄して、手の入るところはコーティングも掛けました。

ここからアイドリングで初期慣らししながら、オイル漏れ・水漏れなど不具合がでないか確認していきます。

そして、問題なければ、タワーバー取り付け・配線まとめたりなど細かいところの仕上げと車検を通せば完成です。

夏休み中に休み返上でFD前期(1型)とRX-8前期のエンジンを下ろしておりました。

ちょっと間があきましたが、両エンジンとも補機を分解と洗浄。
20220901_173155

先にばらしておいたRX-8の方は超音波洗浄機ですべて洗浄して、
その間にFDの補機をバラシ。

汚れのなかなか落ちないエイトのインマニもあらかじめハードカーボンを溶剤で大雑把に落として、
あとは超音波洗浄でご覧の通りピカピカです。
20220901_174311
超音波洗浄機があると、掛けている間に他の作業が出来るので、非常に便利。

エンジンオイルを通販でご購入の際にオイル何L買ったらいいか分からない!というお問い合わせが多いので、オイル交換時のエンジンオイル使用量一覧を作りました。

リアルテックで実際の交換使用量を基準としてます。
なので、車載の取扱説明書のオイル量とは違うと思いますので、その点はご了承ください。

リアルテック・RTオイルに初めて交換する時は、出来るだけ上抜き・オイルフィルター交換をオススメしております。
理由は、出来る限り多くのオイルを抜いて、古い他銘柄オイルと混ざる割合を下げるためです。
ただ、オイルクーラーやその配管、ローター内に残って抜けないオイルがオイル総量の25~30%くらいはあるのは仕方ないのですが、RTオイルのパフォーマンスをよりよい状態で発揮させたいですからね。

※表記の量は、レベルゲージMAXまでの量になります。

RX-8 前期型 
・下抜きオイルフィルター交換有り 3.8L
・下抜きオイルフィルター交換なし 3.6L
・上抜きオイルフィルター交換有り 4.3L~4.5L
・上抜きオイルフィルター交換無し 4.1L~4.3L

RX-8 後期型
・下抜きオイルフィルター交換有り 4.5L
・下抜きオイルフィルター交換なし 4.3L
・上抜きオイルフィルター交換有り 5~5.3L
・上抜きオイルフィルター交換無し 4.8~5L

RX-7 FD3S 全年式
・下抜きオイルフィルター交換有り 3.8L
・下抜きオイルフィルター交換なし 3.5L
・上抜きオイルフィルター交換有り 4.2~4.4L
・上抜きオイルフィルター交換無し 3.9~4.1L

RX-7 FC3S・FC3C 全年式
・下抜きオイルフィルター交換有り 4.5L
・下抜きオイルフィルター交換なし 4.3L
※うちの道具だと上抜き出来ず…


注)下抜きの場合、フロント側ジャッキアップのみではなく、前後ジャッキアップして車体を地面に対して水平にすること
注)上抜きは、ノズルの太さ・手動orエア式などで抜ける量が変わります。うちではエア式で、ノズルは最初は太いノズルで抜いて、その後細いノズルを出来るだけ中まで入れて出てこなくなるまで抜きます。


RTオイルはすべて5000km使用できますので、オイルを消費するREでは途中補充が必要になる場合が有ります。
なので、交換使用量プラス1L(サーキットが多い場合は2L)多くご購入していただくのがオススメです。
余ったオイルは次回のオイル交換時に使えます。
ただし、オイル消費量はエンジンの状態や走り方などで大きく変わります。
ご自身の場合の減り方や量を算出しておくと良いと思います。

本日2022年5月30日は、マツダ・コスモスポーツ発売からちょうど55年。

すなわち、僕らが大好きなマツダ・ロータリーエンジンが発売されてから55周年です。
55と言えば、やっぱりこれ!
20180923_174940
マツダ787B・#55ですよねー。

この787Bの心臓部といえば、4ローターのR26B!
20171203_155704
マツダ最強のロータリーエンジンです。
このエンジンが発するエキゾーストサウンドは、世界中のファンを魅了しますね。

ロータリーエンジンの未来はこの先どのようになるか分かりませんが、60周年70周年、さらには100周年までこの唯一無二のロータリーフィーリングをみんなが体感できるような世の中であって欲しいものです。

自分も一生ロータリーが信条なので、ロータリー100周年を見届けられるように、このロータリーマシンたちを維持できるように頑張りたいと思います。
20220330_135857
人もクルマも健康第一!

だいぶブログの間が空いてしまいましたが、筑波分切りエンジンの作業も進んでおります。

今からちょっと前、まだ気温が上がる前の話ですが笑、各部クリアランス調整。
調整時は、調整前日から室温を20℃にしっかりあわせて、測定物・測定器をその温度に馴染ませてから一気に行ないます。

タフブラックコーティングを施した、ローターとステーショナリギアにそれぞれ軸受けメタルを圧入して、エキセンのジャーナル部分とのクリアランス調整。
20210702_174712
ローターメタルは、一発で狙いの数値に入りましたが、ステーショナリギアのメインメタルのリア側が、難儀しました。
ダミーメタルを突っ込んで、基準値を出して、そこから割り出した寸法のメタルを圧入して、測定。

2点測定・3点測定どちらの測定数値を何回見ても・考えても、どうしても3ミクロンほど内径が小さくて気に入らない。
よくある話です。苦笑
20210702_191559
(確認ですが、1ミクロン=0.001mmです。)

1サイズ薄いメタル入れたらOKでしょ!って、せっかく入れた新品メタルを抜き替えて再度測定したら、
20210702_191612
おい、1ミクロンしか変わらないじゃん!(まあ、そんなこともよく有ります)

もったいないけど、もう一回、さらに1サイズ薄いメタルに交換して、測定すると、
20210702_192812
これで完璧!
1個5,000円オーバーのメインメタルを2個パーにしてしまったので、この作業の赤字は決定しましたが、気に入った数字になったのでOK!
20210702_205555

お次は、ローターの幅にあわせて、ローターハウジングを選別。
いい感じの最終3候補から、絶対値とバランスの良い2枚を選出しました。
20210702_200501
フロント用、リア用と選んだら、分からなくならないように、フロントローターハウジングにエンジンマウントブラケット用のスタッドボルトを取り付けます。
20210702_202303
一応マーカーでFとRのように識別マーキングしますが、組み立て前にもう一回洗浄するので、マーキング消えても分かるようしときます。

最後は、ガスシールのクリアランス調整。
ローターにあわせて、アペックスシール、コーナーシール、サイドシールを合わせていきます。
ローターの各シール溝内にもタフブラックコーティングがしっかり乗っかってるんで、溝内の確認して、シール調整も慎重に行ないましたが、コーティング前の下処理をしっかり行なってましたので、調整はスムーズに出来ました。
各シールすべてに溝番号をマーキングして、専用のシールケースに入れて組立まで保管します。
20210705_184533

これでクリアランス調整関係は完了。

↑このページのトップヘ