ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

カテゴリ: FD関連

RX-7・FD3S 6型のみあるある、クラッチペダル部分についてるインターロックスイッチのストッパーの破損からのエンジン始動出来ないというトラブル。

6型のみ採用されたインターロックスイッチは、クラッチを踏みこまないとエンジンスターターが作動しないという誤発進防止機能。
今時普通ですがね笑

ペダル側についているプラスチックのストッパーが劣化してよく割れます。
20200913_160258
赤丸の部分にストッパーが付きますがなくなると穴が開いた状態になり、スイッチが穴の中を通っちゃいます。
結果、スイッチがオンにならずスターターが回らず、不動になります。
この段階で、だいたいみんなビックリして焦ると思います笑。


キャンセルしちゃうという技も有りますが、せっかくの安全機能なのを止めるのもなんなので、一生壊れないストッパーを取り付けました。
20200913_160426

まあ、ちょうどよいボルト・ナットをつけただけですが笑。
ステンレス製なので割れることなく、今後は同様のトラブルの心配がなくなり安心ですね。

現在お預かりのFDは、低走行で素晴らしい状態。
エンジン関係は改造履歴も無い完全オリジナル。

エンジンは、新車からのオリジナルのままで、初めてご来店した時のリアルチェックでもエンジンコンプレッションがほぼ全室900kpaオーバーと、元々高い状態でした。

普通はこれで満足ですが、そこから3000km、RT-01を使い続けたら…、
20200906_152010
20200906_152019
20200908_192309
全体的に20~40kpaアップしました!
新車の時だって、なかなかこの位の数値までは到達しませんよ。
それを新車から23年経ったエンジンでもこうなったりします。

RT-01に掛かれば、さらにエンジンの調子が良くなりますよ~。


そして、オイルばかりに気が取られがちですが、ロータリーエンジンはクーラントの状態維持もすごく大事です。
今回は、最強のエンジンクーラントZZ-91Rを新規導入していただきました。
20200906_172851
FDの場合、1発じゃ古いクーラントが抜け切れないので完全に入れ替えるのがすごく大変。
なので、何回も洗浄してからZZ-91Rを入れてます。
これで、ZZ-91Rの性能を余すことなく発揮できるようになります。

お預かりのサイドポート+シングルタービンのFDは、オイル全交換。
20200905_082356
こちらのFDは、リアルテックでサイドポート拡大エンジンを作って8年。
リーガルに、インジェクターやフューエルポンプも安全な範囲で各部セットアップしてあります。
エンジン回しまくってガンガン走ってますが、エンジンコンプレッションもエンジン慣らし後とまったく変わらず、快調そのもの。


今回は、一般的になかなか交換しないパワステ・フルードもしっかり交換させていただきました。

油圧パワステのフィーリングアップの出来ちゃう、ニューテック・ZZ-51改をいつも通り使用しました。
20200904_161720

さらに!
ニューテックのパワステ添加剤・NC-210も投入して、さらにステアリング・レスポンスアップ!
20200904_164257

油圧パワステのメンテナンスもお忘れなく。

リアルテックで、FDのマフラー交換といえば、社外マフラーから純正マフラーに交換 ってのがちょくちょく有ります。
最近は改造してあるのをノーマル戻しして、オリジナルの状態で乗りたいって方も多いですね。
20200730_134858

今回は前期型。
1~4型までが一緒です。まだ新品が出るのが素敵。
取付時には、バイク用のマフラーワックスを塗ってコーティング。
ヤマハ純正がいい感じです。
20200730_135219

交換前のマフラーが抜け掛かってたこともあり、交換後は静かになり、ロータリーエンジンならではの静粛性が増した感じになりました。
20200730_135918

ここからウンチク
ノーマルマフラーはボディデザインの邪魔をしないように、
テールパイプはバンパーラインに合わせて、2本出しで真上からみてななめカットになってますし、
真後ろから見たときにタイコを隠すかのように、タイコ後端とテールパイプ部分をオフブラックで塗って有ります。

デザイン的によく考えて上手く作ってあるんですよね。

個人的主観ですが、FDの美しいリアビューが一番映えるのは、ノーマルマフラーだと思ってます。

リアルチェックで発見した、メータリングオイルポンプのコネクターボルト(ハウジングに付くノズル)の内部ワンウェイが壊れてたので、コネクターボルトの交換をしました。
距離が行けば大体壊れるところです。
ここが破損すると、MOPで計量したオイルが必要なタイミングでエンジン内部に供給されませんので、結果アペックスシールの磨耗に影響が出る可能性が増えてしまいます。
それ以外にも、プライマリタービン入り口からインテーク側にオイルが逆流して、インテーク廻りがオイルでベチャベチャにもなります。

20200712_173111

分解していくと、以前どこかでここらへんを脱着した時か、本来メタルガスケットには必要ないシール剤をベタベタに塗ってあって、外すのも大変・シール剤をきれいにはがすのも大変・あわせ面も傷だらけで面修正も大変で、余計に時間ばかり掛かってしまいました。
何でシール剤塗らなくてもいいところにこんなことするんでしょうね?
20200712_162515

20200713_170531

ノズルの交換時にはプライマリーインジェクイターホルダーを脱着するので、走行距離も距離だし、
まあまあよくあるガソリン漏れの事前予防として、インジェクターとパルセーションダンパーも新品交換しました。
20200713_102314
フューエルホースは、新しめでバンドの位置が変わってたからそのまま。

一緒にネジ山が壊れてたところもヘリサート入れて修理&強化したり、
20200713_155859
20200713_162221
そこらじゅうのボルトの位置もあべこべでしたので、すべて正規の位置に戻しました。

アンダーカバーボルトも折れててそのままだったので、ドリルとタップでちゃんとネジ穴修理。
20200714_182641
20200714_183847

さらに、インタークーラーダクトの穴を塞いでいるスポンジシートが劣化で破れてしまっていてエア漏れしちゃ冷却に問題が出るので、きれいにはがして、色味が似ててヘタリが少ない素材のシートに張替えました。
20200716_091502
20200716_092622

クルマもスッキリ、作業した僕の気持ちもスッキリです笑


↑このページのトップヘ