RX-8前期でよくある、エキセンのフロントプーリーオイルシールからのオイル漏れ。
(後期からは対策シールになったので漏れづらくなってます)
20210110_154435
今回のエイトは、サーキットを走ると一回で下にオイルが垂れるまでになってしまったのでシール交換となりました。
前にも書いてますが、この作業は車上でやるとハイリスクで、エンジンの状態次第ではエンジンを下ろす羽目になりますので、どこもやりたがらない作業です。
(その昔、どこかでこの作業を失敗したまま気付かずにいたエンジンをOHしたことが有りますが、エンジンの中はまあよく動いてなって状態になってました苦笑)

今のところリアルテックでは百発百中で車上で成功しております。
ですが、リスクは必ずあるので、もしエンジンを下ろして分解することになってもOKだというユーザーさんのみに行ってます。

さて、今回もさくさくと車上で作業完了。上手く行きました。
20210110_152103
20210110_152335
20210110_165930
20210110_172458

いつもは周辺のオイル汚れを落としぐらいでOKなんですが、
今回はノーマルバッテリーでサーキットを走ってしまったため、希硫酸が飛び散り、錆ですごいことになっていたので、エキセンプーリーも新品交換して、周辺もこれ以上酷くならないように黒錆転換剤を塗りました。
ウォーターポンププーリーもまっ茶色なので外してきれいにしようと思ったんですが固着が酷く、無理に外すとプーリーどころかウォーターポンプを壊しそうだったので、その場で錆転換剤塗って養生して塗装しました。
(サーキット走る時は、こうならないためにもドライバッテリーを使いましょう!)

これでまたサーキット走れるようになりました。