RX-8でサーキットをゴリゴリ走るとよく起こる、ハブベアリングのガタ。
ハイキャンバーて昨今の超ハイグリップタイヤを使うとガタが出てしまうのは止む無しです。
そりゃ、開発時のメーカー想定をはるかに超えた走りしてますからね笑

症状的には、走っているとリアからシャリシャリ音がして、次第にはゴロゴロ音に変わっていきます。
タイヤノイズとは音が違うので、分かりやすいと思います。

今回は、リア側。
それも結構ひどい方で、ジャッキアップしてタイヤを左右・上下に揺するとガッコンガッコンとタイヤが動いてました。

早速ベアリング交換です。
交換時は、メーカー指定の純正SSTとスーパーナウの打ち替え治具を駆使すると楽勝です。
20201123_144810
20201123_150429

ちなみに整備書ではハブベアリング交換時、アクスルフランジ(ハブボルトが付いてる部分です)を再使用って書いてありますが、ベアリングにガタが出ている場合、100%画像の赤丸のようにアクスルフランジ部分がガビガビに減ってますので、アクスルフランジは再使用せず新品交換がマストです。
20201123_150233
20201123_150927

これで当分サーキットで戦えます!