長らくお待たせしております、お預かりのRX-8 6ATのエンジンOHをようやく開始しました。
20201007_142339

作業はエンジンを下ろす前にちゃんと点検することから開始します。
センサー系をすべてロガーで点検し、エンジンコンプレッションも測定。

このエイトは5万キロと低走行ですが、コンプレッションはこんな感じ。
20201007_150641
20201007_151345

リア側は900kpa前後あるのに、フロント側が完全にブローしてます…。
波形は出てますが、数値は低すぎて出ません。まあ300kpa前後って所でしょうか。

こうなった原因は、プラグコードのさし忘れ...。(もちろん、差し忘れたのはウチじゃありませんよ)

暑い時期に、プラグコードが完全に抜けた状態でちょっと加速しようとアクセルを強く踏んだら一発でこうなったようです...。

1本くらい外れてても普通に?エンジン掛かってしまうRX-8ならでは…といっちゃいけないけど、
実際プラグコードがささりきってない・抜けてるという車両はよくあります。
まあ、差し込んが人がちゃんと差し込めない事が原因だったり、プラグコードが腐食してスカスカになっていることが原因だったり。
(リアルテックでメンテしている車両ではそんなことありませんがね)

僕は【ロータリーエンジンは点火が命】って良く言ってますが、まさに点火で命取られたって感じです…。

ガックリとしか言いようが無い状態ですが、しっかり直していきたいと思います。
20201008_151434