お預かりのRX-8は、作業ついでに付いているイグニッションコイルの品番をみたら、今となっては珍しい末尾アルファベットなしの初期型コイルでした。
20200807_093840

走行距離が少ないとはいえ、よく今まで持ったもんです。笑
まだ普通に火は飛んでますが、コイルは消耗品ですので壊れる前にイグニッションコイル全交換。
20200807_093852

現行イグニッションコイルは、品番末尾がCです。
20200807_094005

ちなみに、末尾なしは2003~2006年途中まで、
末尾Aは2006~2007年終わりくらい、
末尾Bは2007年終わりから2011年くらいまで、
末尾CはスピリットRが出るちょっと前くらいから、
だいたいこんな感じです。

バージョンが新しくなるたびに耐熱性が上がってるようです。

バージョンで壊れ方が違うんですよね。
末尾なしとAは、壊れた時にチェックランプが点きますので分かりやすいんですが、
末尾Bは非常にタチが悪く(笑)、コイルが壊れて火が飛んでないのにチェックランプが点きません。
(Aはチェックランプが付いても火は飛んでたりします。)
※このチェックランプは前期の話しね。後期はコイル単体のエラーコードは無くなり、そのかわりミスファイヤーのエラーコードになりました

そして、現行型・末尾Cはそれまでの壊れやすさがまったくなくなり、ほとんど壊れなくなりました。

ただし、イグニッションコイルが壊れる原因の一つとして、スパークプラグの磨耗劣化がありますし、
点火系が壊れた時の被害(カーボンによるエンジン・コンプレッションの落ち込み方)は結構速く・大きいので、どれにしても壊れる前に定期的に交換することが、エンジンの調子を良い状態で持続させるに必要なことかと思います。

ウチのお勧め交換サイクルは、
ストリート派ー→ プラグ・2万キロ、コイル(末尾Cで)・5~6万キロ、コード・キャップの端子がゆるくなったら
サーキット派→ プラグ1万キロ、コイル(末尾Cで)3万キロ、コード・コイルと同時交換
もしくは、本気でベストタイムを出したい本番直前(笑)

プラグとプラグコードはNGK、コイルは純正が今のところベストチョイス。

何はともあれ、コイルに末尾C以外が付いている場合は、とりあえず早めに交換してね。
でも、純正(1個5,000円)より安い社外品コイルは色んな理由でおススメしません。(あえて書きません)
必ず純正コイルを使ってね。