現在入庫のRX-8、エアコン使って渋滞にハマっていると以前よりも水温が微妙に高くなるということで、点検。

コンピュータでラジエータファン作動設定をLow88度・High93度に変更してますので、正常であれば上がっても94度くらいですが、100℃弱まであがるよう。
走れば水温は下がるようなので、最初に疑うは、2個あるラジエータファンモーターの作動ですが、
ちゃんと両方ともファンモーターは動いてる。

う~ん、でも回り方を見ると、なんか回転が微妙に遅いような…。


そこで、デジタル回転計を使って実際にモーターの回転数を計ってみました。
ただ回転数を測っても判断しづらいので、正常なウチのエイトのファンモーターの回転数も測って比較しました。

どちらもエアクリーナーがノーマルなので、こんな感じで隙間を開けて、ファンに反射テープを貼って、回転計を当てて測定します。
20200714_133359
20200714_114528
これがまた大変で、測定し続けてると熱風で手が超熱い!
90度近いクーラントが通るラジエータからの熱風は火傷レベル笑
軍手して何回も測ってたら、今度は回転計の表示もまっ黒になってきちゃうし。苦笑


測定結果は、左右ともデモカーより100~150rpmくらい低いけど、取り立てて回転が低すぎる気もしないな~って感じ。
20200714_115202
(これは助手席側)

もう一台、ちょうど入庫してきたバッテリー移設してあって、エアクリもエアグルーブでラジエータの後ろがスカスカで測りやすいエイトで同じく測りましたが、そちらとはそんなに差がない感じ。
20200720_164908
(これは運転席側)


ってことで、最終的には本来の作業内容のひとつであるニューテックのZZ-91Rにクーラントを交換して様子をみてみることにしました。

ZZ-91Rに交換後は、ずっとアイドリングさせて水温をみてみましたが、90度を超えることもなく、水温の下がりも速くなったので、ひとまずOKでしょう。

ZZ-91Rがやっぱり効くってことです笑