リアルチェックで発見した、メータリングオイルポンプのコネクターボルト(ハウジングに付くノズル)の内部ワンウェイが壊れてたので、コネクターボルトの交換をしました。
距離が行けば大体壊れるところです。
ここが破損すると、MOPで計量したオイルが必要なタイミングでエンジン内部に供給されませんので、結果アペックスシールの磨耗に影響が出る可能性が増えてしまいます。
それ以外にも、プライマリタービン入り口からインテーク側にオイルが逆流して、インテーク廻りがオイルでベチャベチャにもなります。

20200712_173111

分解していくと、以前どこかでここらへんを脱着した時か、本来メタルガスケットには必要ないシール剤をベタベタに塗ってあって、外すのも大変・シール剤をきれいにはがすのも大変・あわせ面も傷だらけで面修正も大変で、余計に時間ばかり掛かってしまいました。
何でシール剤塗らなくてもいいところにこんなことするんでしょうね?
20200712_162515

20200713_170531

ノズルの交換時にはプライマリーインジェクイターホルダーを脱着するので、走行距離も距離だし、
まあまあよくあるガソリン漏れの事前予防として、インジェクターとパルセーションダンパーも新品交換しました。
20200713_102314
フューエルホースは、新しめでバンドの位置が変わってたからそのまま。

一緒にネジ山が壊れてたところもヘリサート入れて修理&強化したり、
20200713_155859
20200713_162221
そこらじゅうのボルトの位置もあべこべでしたので、すべて正規の位置に戻しました。

アンダーカバーボルトも折れててそのままだったので、ドリルとタップでちゃんとネジ穴修理。
20200714_182641
20200714_183847

さらに、インタークーラーダクトの穴を塞いでいるスポンジシートが劣化で破れてしまっていてエア漏れしちゃ冷却に問題が出るので、きれいにはがして、色味が似ててヘタリが少ない素材のシートに張替えました。
20200716_091502
20200716_092622

クルマもスッキリ、作業した僕の気持ちもスッキリです笑