マツ耐号の点検でエンジンコンプレッションを測定しようとコンプレッションテスターを接続。
そしてセルを回したら、まったく反応せず。

調べていくと、今回も数年に一度は起こるセンサーハーネスの断線。

うちはなんかっちゃあコンプレッションを測るためテスターの使用頻度がハンパないんで、ハーネスは消耗品です。
(でも、本体やセンサー自体は全然壊れませんね。)

前に数回ダメになってるので、ハーネスの新品スペアを最低2本は常にストックしています。
20191104_161936
20191104_161951

速攻でハーネスを付け替えて測定完了です。


肝心のコンプレッションの数値は、デモカーのエンジンにしてはまあまあ高かった笑
まあ、スタンダードパワーエンジンだからってのもあるけど、組んでからビシビシ使ってるので徐々に上がってきてます。
20191104_162348

 ちなみに、デモカーのエンジンは基本テスト的な仕様なパーツで作るので、もったいなくて新品パーツは極力使わず、磨耗限度値ギリギリのハウジングや痛んだローターやローターハウジングで貧乏くさく作っているんで、いつもコンプレッションは低めなんです笑

このマツ耐号エンジンもシールやガスケット以外のパーツは、どれも10万キロを軽くオーバーしたものを使ってます。
(タイムアタック号のエンジンなんでサイドハウジングとローターは18万キロぐらいのヤツ使ってるし笑)