今回はロータリーネタではなく、モーターショーで発表されたEV・MX-30のネーミングについて。
MXを採用したその理由や込めた思いは、モーターショー現場で聞いて、良く理解しました。
それを説明するのはちょっと面倒なので、各媒体が書いてくれるのに期待して笑、ここではちょっと違う目線で考察。


発表前ベールのかかった新型EVをネットで見た時に、CX系のSUVサイズだったのでネーミングは、【EX-30】とか、【EX-3】とかになるかなあと予想してました。

【E】は、EVの【E】ってことでね。

でも結果はMX-30でした。

MXには色々賛否があるみたいですが、ではなぜEXにしなかったのか考えました。

まず、EX-30は他の商品の名前で既に使われていたこと。

そして、最大の理由にたどり着きました!
EXはマツダで既に使っていて、既に【E】に違う意味があるからではないかということ。

そのEXがこちら↓↓↓

マツダ EX-7 エッグボイラー!
20191025_110421
20191025_110506

そう、マツダにとって、【EX】の【E】は、【egg】の意味になるわけですね。笑
納得。