最近連続する修理。

RX-8前期でサーキットでハーフタンクくらいになると左コーナー通過後にガス欠症状が出る症状。

それ自体は前から多々あるトラブルなので珍しくはないんですが、前期はリコールで全車燃料ポンプ交換になってます。
がしかし、リコール交換をやってもガス欠症状が出る場合があります。

と言うのも、リコールではその原因の上蓋部分とポンプ本体(赤丸部分)は新品交換しますが、プレッシャーレギュレータ(きみどり丸部分)、ジェットノズル(オレンジ丸部分)は再使用するから。

20191018_134111

(整備書ではポンプユニットは非分解式って書いてあるのに…)

ポンプ本体はトンネルをまたいで左右2分割になっているガソリンタンクの左側に有り、右側の燃料はジェットノズルに繋げられたフィードパイプから吸い出します。

サーキットでのガス欠症状の原因のほとんどはそのジェットノズル付近に問題があるので、リコールでポンプが新しくしてもガス欠症状の原因部分は新しくなりません。

その場合はフューエルポンプユニットを交換するしかありません。
プレッシャーレギュレータやジェットポンプは単品設定はなく、ポンプユニットアッセンブリーでしか出ませんからね。
この状態↓↓
20191101_185612

まあ、RX-8でサーキットを走ってるとリコールとは別に一度はポンプ交換しないとダメだってことです。苦笑