今週水曜日にシェイクダウン走行を行うマツ耐号は、とりあえずサーキット走行できる状態まで完成しました。

足回りも、タイヤにあわせたアライメントに調整。車高は9cm厳守仕様です。
イメージ 1
そして、燃費に効くであろう後期RS用のフロアアンダーカバーも装着して純正チューン。
フロアに穴あけ・ナットサートを装着して取り付けました。
イメージ 2
ちなみに、レギュレーションで同一型式(RX-8ならSE3Pのみ)の純正パーツであれば、流用可能なので、
前期・後期、それぞれのグレードの中で、考えうる中で一番燃費の良くなるようにそれぞれのパーツを組み合わせて車両製作をしています。

そして、最大のキモである燃料の測定も燃料タンクを完全にカラにして、1Lずつ満タンになるまで給油して、純正燃料計とOBDの燃料レベルを正確に測定しました。
完全カラ状態から何リッター入れるとちゃんと燃圧掛かるのか・エンジン始動できるかも良く分かりました。
イメージ 3
イメージ 4
さらに、街乗りでできるだけ走行して、レース中の燃費のメインメーターにするインフォメーターの燃料・距離設定の校正も行い、テスト当日に臨みます。