発売から人気炸裂なニューテックNC-121カーボンクリーナー。

うちでは、RX-7やRX-8のロータリーエンジンに百台以上施工しております。
イメージ 1
NC-121はインテークからエンジン内部、エキゾーストまで余計なカーボンを飛ばして、本来の性能を取り戻します。

この週末もRX-8後期に施工しましたが、浸け置きしたあとのエンジン再始動で煙がモクモク。
(施工しているときは画像が撮れないもので、お見せできないのが残念。)

煙が出るとカーボンクリーニングやった感が出ますが、これは今までエンジンの調子が悪かった証拠です。
煙はカーボンが燃えた印なので、よりカーボンが溜まっていたことになります。

多くは点火系の不良や、あんまり良くないガソリンやオイルを使っていたり、コンピュータのセッティングがイマイチだったりするとこんな感じになりますが、
最近RX-8の、特に後期でよくあるのが、排気系をアフターパーツに交換してて、O2センサー関係のチェックランプが付いた状態で、パーツ変わってるから仕方ないといって、そのまま使っている車はこのNC-121を施工した時に特に煙の出方が酷いです。

この状態ではコンプレッションも低く出てしまいます。

チェックランプが出たら手持ちテスターでOBDに繋いで消せばいいや的な感じの人は要注意です。

チェックランプを付けたときに何かしらのフェールセーフの制御が入りますから、本来のエンジンの運行状態にマッチしない制御になってるからでしょうね。

年に1度はNC-121を施工してもらうとコンプレッションも本来に回復し、調子良くトルクフルにクルマを楽しめますよ。
さらには2年に1度のエコプログラムもオススメです。


NC-121はロータリーだけでなく、もちろんレシプロやディーゼルにも施工可能です。
とくに最近のエンジンは構造的にカーボン発生量が多いようです。ハイブリッドもそうですね。

リアルテックの店頭ではロータリー車しか施工しておりませんが、レシプロ車で施工したい方も出来るお店をご紹介しますので、お問い合わせください。

NC-121やニューテック製品は、関東マツダさん でも取り扱っていただいております。

荏田店さん 
溝の口店さん 
鶴見川崎店さん 
では、NC-121を在庫していただいておりますので、お近くの方はそちらでどうぞ!

NC-121やニューテック製品を扱いたいというショップ様にも対応させていただいておりますので、リアルテックまでお問い合わせください。