年明けからずっとBOになっていた、RX-8後期の新品6速トランスミッション。

今週になってやっと到着。
そして、本日装着。
イメージ 1
後期の6MTはブローするときは、ほぼ例外なく3速ギアが飛びます。
サーキット走行車だと、7~9万キロの走行距離で壊れることばかりですね。
使っているオイルによっては5万キロ以下って事もあります。

ギアの歯欠けなので、前触れなく壊れます。

歯がかけちゃうとなると運転でどうしようもないので、熱に強く油膜のしっかりしたオイルを使ってしっかり管理するしか現状やりようがありませんね。

OHして色々と対策で加工とかしようとしても、部品代と工賃がかさむので、壊れたサイクルで新品入れちゃったほうが安く済みます。

あと、5速のシンクロ・ハブ廻りが弱い。
これはダブルクラッチをするとか、我慢すれば走れますが、気持ちは良くないですよね。


ニューテックのギアオイルや、リアルテックのミッションオイルを使ってもらえば、スパスパした切れの良いフィーリングで、シンクロにも優しく、強靭な油膜でギアを保護しますし、さらにオイル自体も長持ちしますので、オススメです。