今週後半はエイトのリアライズコンピュータのセッティングが2連続。

一台は、吸気系変更で一緒にリアライズ・マスターを導入。

6MTの前期はベースデータの精度がだいぶ上がってますので、微調整でセッティング完了。
結構ツメツメなので、いい感じにパワーが出てると思います。


もう一台は、来週走らせるうちのデモカー。
イメージ 1
新しいサイドポートエンジンに合わせて、セッティングです。

セッティングのスタートは今までのサイドポートエンジンに合わせたデータから行いましたが、
高回転で燃料を結構入れていかないと、ちょうどよくならない。

と言うことは…。

今までよりもより空気が入っているって事ですね。笑


そして、セッティングしてるところでまた新たに使えるところを発見。
これは机上ではあわせられず、厳密にはサーキットで合わせていかないとピッタリいいところにもっていけなさそう。
うまく使えれば、最高速の上乗せも可能かも。

今回は時間もないので、そこのセッティングは時間のあるときにでもやりましょう。