本日、早朝の飛行機で香港より帰還しました。

その後ちょっと仮眠して、昼から通常営業です。

ご来店もあり、お問い合わせもたくさんいただきました。
ありがとうございます。


さて、前回のブログは2日目まで。

3日目はエンジンレッスンの仕上げのエンジン組立て。

注意点を教えつつ、お手本を見せながら、実際に組んでもらいました。

トラブルなく、順調に組み立てが終わり一安心。
実にスムーズ!
イメージ 1



夜には次の日のコンピュータセッティングの準備で、セッティングするFDにデータを入れたコンピュータを取り付け、A/F計などのセットをして、エンジン始動。

始動はOK。

暖気しながら様子をみていると、

・・・。

いくら経ってもアイドリングが1500回転からまったく下がらない…。苦笑

このFDは1年掛けて内外装、エンジン補機類、足廻りをレストアしてたらしく、最後の仕上げで今回コンピュータチューニング。

このままでは、セッティングできないので急遽トラブルシューティング開始です。

アイドル下がらないときに見るべきところは限られているので、順番に点検。

結局原因はスロットルボディ。
それもアクセルワイヤー、TAS、AAS、スロットルセンサーポジション、ファーストアイドルの回転カムなどもう全部がぐっちゃぐちゃ。
一旦スロットルボディを外して、すべて適正位置になるようにすべて調整して、エンジン始動。

600回転まで落ちた。オッケーーー!
正規どおりAASで720回転に調整して完了です。
良かった良かった。

どうも、直前の板金屋さんでかぶらしたときにアクセルワイヤー引っ張って、それ以外も前に行ってた他のショップでやっちゃってたらしいです。

ファーストアイドルもずっと回転落ちない仕様になってたり。笑

まあ、TripにTrapはつき物なので、この当たりは想定どおり。


そして、4日目・5日目はエイト・FD・FCのコンピュータセッティング。

昨日のFDもファーストアイドルの回転と時間を確認して、調整。
その後走り出したら問題もなく、すんなり終了。

それ以外のセッティング車両も、very very smoothにすべて終わりました。
イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4



納車後のユーザーさんみなさんから、すぐにお褒めのお言葉いただけてうれしい限りです。

作業後は、VARさんとミーティングをして、片付けて、空港へ。

今回の香港ロータリーツアーも無事に終了です。


VARのヴィンセントさん、香港のロータリーカスタマーのみなさん、5日間ありがとうございました~。

イメージ 5



そうそう。

4日目の夜には、たまたま香港出張中の筑波2000ノーマルエンジン最速の青のエイトさんがVARご来店。
急遽、香港ロータリーミーティングになりました。

その後の作業もあり、ちょっと時間がなくて立ち話程度になってしまいましたが、そのシチュエーションにマジ感動しました。笑