今日はザクザク預かり作業を進めておりました。
 
車上では一番やりたくない作業である、RX-8フロントプーリー・オイルシール交換。
 
イメージ 1
失敗すると、中のベアリングが落ちて、エンジン分解になるので、慎重に慎重を重ねて作業をします。
 
特に、RX-8はここのオイルシールからよくオイルが漏れます。
詳しくはFINAL SPEC RX-8をご覧ください。笑
 
で、交換するには先端のボルトを緩めないといけませんが、ここの締め付けトルクは30キロ。
なので、回り止め装着しないと、緩みません。
普通はミッションを下ろしてフライホイールストッパーをつけますが、
ウチにはスターターモーターを外してつけるオイルシール交換専用の純正SSTストッパーがありますので、
多少手間が省けます。
イメージ 2
イメージ 3
シール交換作業は、無事に完了。
イメージ 4
イメージ 5
締め付け後は、ちゃんとエンドプレーも測定し、作業前と同じ数値を確認出来れば、作業は成功となります。
イメージ 6
 
今日はそれ以外にもクラッチ交換を2台やったので、もうヘロヘロです。笑