1週間ブログをさぼってしまったので、さかのぼって行ってみましょう!笑

先週金曜日の筑波1000ライセンス走行にウチのユーザーさん2人が走るということで、この前の「謎の液体」のユーザーテストをしてもらいました。
イメージ 2

車両は両方ともRX-8。

効果が出るまで約30キロぐらい走行が必要なので、走行前に注入。

1枠20分なので、ずっと走り続けても約20周ちょい。
2枠目後半から効果が出れば良いかなって感じでした。


そして、目論見通り2枠目後半から効果が現れ、3枠目で約0.5秒のタイムアップ。


普通は、走行枠が進むとどうしてもエンジンもタイヤも垂れてきてタイムダウンしますが、アップしちゃった。笑


ドライバーコメントも2人ともグリップが強烈に上がったとのこと。
さらにハードブレーキポイントでは制動距離が減ったそうです。

うん、ちゃんと効いてる。笑
狙い通りの性能!


あれ、勘が良い人は謎の液体の正体がわかったでしょうか?

では、この謎の液体の正体を明かします。

イメージ 1


この液体は、タイヤ添加剤。

タイヤのグリップが上がります。
ドライだけでなく、ウェットグリップも向上します。

さらに、タイヤのケース剛性も上がり、ブレーキも良く効くようになります。

タイヤの垂れ方もなだらかになり、さらに垂れたタイヤの復帰も早くなります。

さらにさらに、グリップが増すのに、転がり抵抗は減るので、街乗りでは燃費の向上やタイヤ騒音、乗り心地も良くなっちゃうんです。

あと、タイヤの劣化も抑制する効果もあります。

まさに夢の様な不思議な添加剤。

入れたらサーキットでも街中でも確実に体感できますよ!