一昨日、筑波サーキットで今年1発目のRX-8デモカーのサーキットテストをしてきました。

やりたいことがいっぱいなので、筑波ライセンス走行・全3枠走らせました。
イメージ 1


今回のテストの題目は、12月のレブバトルでのトラクション不足解消のセ
ッティング変更と、新規投入パーツ有無での動きの確認。

タイヤは、レブバトルと同じ245のままです。


今回は、正月休み最終日ということもあり、コース上は大渋滞。
常に30台以上はいたでしょうかね。

車の動きの変化確認なので、タイムは大して気にしませんので良いのですが、
車の間を縫って走り、さらに車の評価をしなくてはいけないドライバーさんは大変です。


1枠目のセッティングはいまいちでしたが、2枠目までのインターバルでセッティングを変更しての結果は、
バッチリOK!!!!!

めっちゃ決まりました!

ダンロップ~80R、最終コーナーは今までにないくらいの最強トラクション。
臆することなくアクセル全開OKです。

ピットに戻ってきたドライバーのコメントが、『これが踏める脚だ!』でした。笑

ちなみに元々の回頭性の良さもそのままなので、ノーズがズバーン!と入っていきますよ!

ここまでは、ノーマルエアロ。

タイムは、渋滞かき分けて走って、6秒3。
ロガーと車載見てる限りでは、最終コーナーずっと引っ掛かってるんですけどね。
(これ、レブバトルより約1秒アップ。これが朝一クリアラップのレブバトルで出来てれば、5秒だって楽勝だったのに…。)


そして、足のセッティングも決まったところで、最後の枠はリアウィングを装着してみました。

ウィングは、『オーデュラ・カーボンGTウィング』です。

その最後の枠は、さらにリアタイヤが路面に貼りついて離れなくなりました。笑

ちょっと効き過ぎなので、途中ピットでフラップの角度調整して、ほど良いところも見つかりました。

それでもロガー上は、ストレートのスピード落ちも思ったよりも全然少なかったです。

武地センセ、あのウィングいい感じに効きすぎですわ。笑
(ちなみに、このウィングのもうひとつ良いところは、ほど良い価格にいつも即納なところ。これ重要。)

タイム的には6秒6でしたが、ずっとそのくらいで走ってたので、渋滞のファミリー走行枠では上出来でしょうかね。


新年1発目から良いテストができました~。
イメージ 2


今年は本腰を入れて、エイトのデモカーを進化させていきます。
見た目もだいぶ変わります。

乞うご期待!

写真はfutaさんから頂きました。あざっす!