朝よりFD3S6型のエンジン吹け上がらない点検。

ディスクモニターでエラーコード拾い上げ。

お決まりの45番チャージコントロールソレノイドがぶっ飛んで、フェールセーフが入っている状態でした。

早速ウチのリビルドバキュームユニットに交換…、


おっと在庫が無かった!!


速効リビルド品を仕立て、交換しました。

これも良くある、ブーストチャンバーのチェックバルブ割れもあったので新品交換。


イメージ 1
組みあがったら、コンピュータリセットして、アイドル調整して作業完了!

すごく程度の良いほぼノーマルFDなので、トラブルを直してしまえば、FD本来の気持ちよい加速をするようになりました。

FDライフ、楽しんでください!



しかしこのFD、ウチに持ってくる前に、このトラブルでどこかの一般整備工場に3週間預けて、関係ないところ交換されて、ハイ終わりだったそうです。

コンピュータの自己診断チェックするの基本でしょ。

モニター掛ければ3秒で分かるのに…。
まったくもう…。