組みあがったエンジンに補機をつけたので、いよいよ車両にインストール。
イメージ 1

エンジン脱着は整備書の手順通りにサブフレーム・アーム・ハブをごっそり車両から外し、そのサブフレームにエンジンをのっけて下から上へ持ち上げて車両に搭載します。
イメージ 2

エンジンが奥まって入ってますが上脱着も出来ますし、下から脱着だとなんだかんだで手間がかかりますが、安心・確実です。
補機も完璧に組んでから載せられますしね。
それに作業経過の絵柄も美しい。笑

降ろしたついでにサブフレームは丁寧に細部にわたって拭きあげ。
新品みたいになります。

僕の性格からすると、何でも簡略化より手間がかかっても確実性を優先するので、下抜きが好きですね。


いつもながら、この作業の時はサンダーバードのテーマが頭をよぎります。笑