FDとエイトのリビルドエンジンを2機同時に作ってますが、今日はFD用の中古ローターを洗浄。

こびりついたカーボンをせっせと綺麗に落とします。

ウチには高価な自動洗浄機なるものはありませんので、ひたすらゴシゴシ。

市販の溶かして使うカーボン落としもありますが、カーボンは落ちやすいですが、使用後の後処理が大変なので、普通に洗い油で洗います。

と言うか、手間がかかりますがこちらの方が、くまなく検品しながらの作業になるので、パーツの細かい不具合が発見できたり、どのようにカーボンが付いているかでどんな形のローターか見極められます。

全周のカーボン落としはもちろん、アペックスシール・コーナーシール・サイドシール・オイルシールのシール溝も完璧にカーボンを落とします。

ローターは、ピン角が多いのでワンオフ工具や古いサイドシールでくまなくカーボンを除去。
1台分きれいにするにも結構時間がかかります。
イメージ 2
イメージ 3
 

根気と油酔いとの勝負です。
イメージ 1


綺麗にカーボン落しが終わったので、ローターの仕込みも完成!次にシールの組み込みへ…、



とは、まだまだ行きません。


リビルドエンジンと言えど、ココからこのローターに細かく色々な手を加えていきます。
手を加えることで、よりフリクションを減らし、コンプレッションも安定させることが出来ます。


そう簡単には終わらないのですね~。


ロータリーは組むのは簡単ですが、そこにたどり着くまで時間がかかるのです。

そして、各パーツ一点一点、きちんと手間暇かけるから精度の高いエンジンが出来るのです。


だからロータリーエンジンってオモシロイ!