イメージ 1
この前のエイトリアンカップでの吸入空気量です。

3本とも240g/sオーバーでした。

最高速は160.5キロ。
普通は熱ダレして走行が増すとだんだん最高速も下がってきますが、
3本とも最後まで安定して159~160キロ出てました。


今回足廻りのセット出しばかりで、エンジン廻りに手を入れてる時間があまりなくて、最高速が出るか心配でしたが、今回もイケてましたね!



ちなみにウチの1号機の仕様のおさらいです。

以下、吸うところから出るところまで。

エアクリ:ナイトスポーツ・エアグルーヴ

スロットル:ノーマル

エンジン:ノーマル(マツダの工場で組まれた新車当時のまま2万キロ)

点火プラグ:MSVノーマル(RE8C-L、RE9B-T)

コンピュータ:リアルテック・リアライズ マスター(いつもの現車セッティング)

オイル:NUTEC・リアルテックスペシャルブレンド(5W-40)

ガソリン添加剤:NUTEC・NC-221R

エキマニ:ノーマル

触媒:ノーマル(中はいたって綺麗)

マフラー:オートエクゼ・プレミアテールマフラー(チャンバーなし)


です。

あと書いてないところは、なんも代えてません。


効果のあるパーツのみを使用して、適切な調整・セットアップでこのくらい出るわけです。


これこそ本当の『Tuning』ですね!