今日は、エイト後期のリアルチェック。

リアルチェックと言えば、エンジンのコンプレッションチェック。

ここで1点懸念が…。

後期のセルモーターは強力すぎてエライ勢いでエンジンを回してしまいます。

コンプレッションを測ると軽く300rpmオーバー。

みなさん知っての通り、コンプレッション測定は250rpmが基準です。


でも、もう何やってもダメ。

測るときに、ライトON・フォグもON・エアコン全開・ルームランプON、そしてクランキング!
と思いきや、パワーウィンドウのボタン二つとも押しっぱなし!

これだけ電気負荷掛けても、313rpmだって…。
電気負荷なしでは323rpm。

マイナー前の初期型では回転が上がらなくて困ってたのに、強化されたと思ったら今度はあまりに回り過ぎ。

50rpmで約1キロ変化するので、計算すればいいだけの話ですが、
余りにかけ離れると、ちょいと数値の信憑性が薄れます。


230~270rpmぐらいで収まるスターターが欲しいもんです…。
イメージ 1