これから足のセッティングをするので、アライメントを調整するのですが、なぜか車高調がバラバラに。
イメージ 1

というのも、車高調が付いてるクルマのアライメントをとろうとすると、だいたい左右の長さ・プリロードなどなどあってません。
その状態でアライメント調整しても、いい方向には行きづらいですし。
(まあ、今回の取付状態は大丈夫でしたが~)

ということで、セッティングを任せさせていただくとあらば、問答無用で(笑)車両から外して一からやり直し。

車高調のプロフィール(ケースの長さ・ストローク量やモロモロ)も確認したいので、派手にバラバラにします。

今回はバネレートの変更も一緒にやるので、ある意味一石二鳥。

バネレートのサイズを選択するのも楽です。

こうやって一度とってしまえば、次の調整もしやすくなりますし、データの精度も上がります。

ちなみに前にも書きましたが、新規で車高調をつけるときも一旦バラかします。

一度つけたことのある銘柄は最小限で済みますがね。

ちゃんとアライメント調整しようとすると、そこまでなかなかたどり着かないもんです。