お預かりしているRX-8をリアルチェックして走行チェックした時です。

フロント側から『コトゴトガキガキ』とびっくりするぐらいの音がします。
なんだべと思い、すぐ戻ってリフトアップ。

走ると鳴るのでホイール周りをチェックしますが、問題なし。
ばたつきそうなところをみますが、これもOK。

なんだなんだと、見渡してもパッとしたとこがない…。

ん~んと腕組みしながらしゃがんで見渡すと…、

あ~、いたいた。

フロントクロスメンバーの後ろ側、ボルト止めしてあるメンバーがひん曲がって、ミッションに引っ付いてます。
イメージ 1

走るとエンジン&ミッションが動きここに当たって音がしてました。
イメージ 2

さて皆さん、RX-8でフロントをジャッキアップするときに注意です。

ガレージジャッキをかける時にクロスメンバーにかけて上げますが、
間違ってもエンジン後ろ側のメンバーにかけてはいけません。

超簡単に曲がります。
イメージ 3

曲がると走行中破壊的な音がしますよ。


このメンバー、簡単に曲がりますが、元に戻すのが大変。

プレスでちょっとずつ数箇所に分けてまっすぐになるように押して直します。
イメージ 4

で、ちゃんとクリアランスが取れました。
イメージ 5

走行チェックもOK!

修理完了♪


このエイト、ホントはもっと違うところ見なきゃいけないんだけどなぁ(ボソ)

でも直ったから良し!