今日も合間をみて建築業。

昨日作った外枠に、石膏ボードを止める板をつないでいきます。

石膏ボードは畳一枚分の大きさ。
その寸法で罫書き、上下2枚のボードが合わさるところに、幅のある板を。
そして、縦にはちょうど3等分になるような位置ににタッピング1列分の太さの角材をつなぎます。

適当な高さにしたわりには、ちょうどボード2.5枚分となんとも無駄のない設計となりました。笑

そして、出入り口部分の枠組みです。
柱の太さより3.5cm幅のある板を使います。
そうすると、壁を張ったときにその枠だけ出っ張るので、プロの仕事のように見えます。
使用する板も表面と角を仕上げてある、何チャラ材の板を買って来ました。
一番見えるところですからね。
サイズも、本当は180cm×90cmの規格サイズに合わせようと思ったのですが、高さを取りたかったため今回は200cmとしました。
ドアはつけませんのでまあいいかと。

糸に5円玉をぶら下げ、ちゃんと垂直になるように測りながら枠を組み立てたので、パッと見もまっすぐです。(当たり前か)

で、今日はここまでで終了。
もうチョイで枠は完成です。
イメージ 1
イメージ 2

さて、今日はこれからロータリーなお仕事。