今日の定休日は、グータラするつもりでしたが、
思いつきでJAXAに行ってきました。
イメージ 1
リアルテックより車で40分ぐらいです。
まあ、遠いか近いかといわれれば、そこそこという微妙な距離感ですがね。

行ってみると、この前話題になっていた小惑星探査機『はやぶさ』の特別展示中。
それも今週だけというなんともラッキーな感じでした。

早速、はやぶさ展示コーナーへ。
案内に従い進み、展示ホール入口付近になんだか中学生のような若い子が、はやぶさのビラを配布中。
もっと愛想良く渡せ!と思いつつビラに目をやると、昨日までで外板の部分(ヒートシールド)の展示は終わってしまってるの事。
まあしゃあないと思いつつ展示コーナーに進むと、

おやおやおや、実際帰還した部品は中の基盤とパラシュートのみ。
他の部品は、実際のものではなくイミテーションじゃん!
なんか戻ってきた物感はありません。

ちょっとガックシ。

さて、次に通常展示のコーナーに行きました。
こっちは実物大の宇宙ステーション、人工衛星やH-Ⅱロケットの模型などの展示。
写真パネルや映像などはマメに更新しているのか、結構最近の日付のものが多く、最新の情報を展示しているので良かったかな。

人工衛星など、よくよく見てみるとおもしろい。
ソーラーパネルやアンテナの内部は、アルミハニカムやカーボンで出来てるのが分かります。

そして、思ったよりも作りはごつくない。
場所によっちゃあ、ペラペラです。
宇宙へ飛ばすものですから、出来るだけ軽くないといけませんよね~。
しかし、絶対的な信頼性を持たせないといけない。

モノづくりの参考になります。

最後に外にある実物のH-ⅡAロケットを見て、そのデカさに改めて感動して帰ってきました。
イメージ 2

今度は、見学コースを予約して管制室入れてもらおっと。