今日は、朝から夕方までご来客で一日中しゃべってました。

夕方(と言ってもほぼ夜)から、重作業してもしょうがないので、
ちょいちょいとPCを叩けば出来るエイトのコンピュータの検証をしてました。

ちょっと前に見つけといたアクセルマップであろうマップの確認です。

試しに、アクセル開度の大きいところをスロットル100%、それ以下の開度の時にはプラス10%ぐらいスロットルが開くようにデータを書換。

そして、試走。

うわっ!メッチャ変わった!!!

はい、発見!
ここだここだ!!!

アクセルを大して踏まなくとも、スロットルが100%開くようになりました。
しかし、ちょっと乗りづらい。


今度はもっと下からスロットルが大きく開くように書換。

うわっ!めちゃめちゃ乗りづれ~!
ちょっとアクセルを触っただけで、デフがやけにワインドアップしてドッカンドッカン…。

感覚的にはいつもと同じ踏み込み量なのに、よりスロットルが開くので、加速がよくなった気がします。

しかし、ただの気のせいです。
実際クルマが速くなったわけではありません。

かえってアクセレーションがすこぶる悪くなり、急発進しそうでアクセル操作に気を使います。

やはり、ノーマルのデータが一番違和感なく設定してありますね。
そりゃそうだ。


しかし、巡航している時の開度・回転数の部分を多少平坦な数値に書き換えてあげると、ラフアクセルを減衰して燃費がよく出来るかもしれませんね。

さて、もっとテストしてみよう!