ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2021年06月

毎日作業に追われておりまして、ブログに書きたいことも書けずにおります。(書き始めると長くなって時間掛かるから笑)

作業ネタは今日は置いておいて。

先日6月23日は、マツダとマツダスピードがルマンを制覇して30周年でした。
マツダのスペシャルサイトだったり、SNSなどで盛り上がってましたね。

マツダから発売された787B 30TH コレクションを早速買ってみましたよ。
先ほど届いたので、広げてみました。
20210625_193855

今REの新車がないので、マツダにお金を落とせるのは、このようなグッツか純正パーツを買うことくらいなので、一通り1個ずつ購入。

さてどこに飾ろうかな。




毎日ありがたいことに、多くの作業に、オイル通販のご注文、そのほかいろんなお問い合わせを頂いて、まったく暇無しでやっております。
もう毎日時間が過ぎるのが早い!!!

マンパワーがまったく足りてない状態なので、お待ちいただいている皆様にはご迷惑おかけしておりますが、仕上がりきっちり でやってますので、しばらくおまちください。


さて、RX-8筑波分切りアタック用のエンジン製作は、ただ今インターナルパーツをコーティングに出しております。
その間にポート拡大加工をしちゃおうと思っていたんですが、インタメとリアハウジングがずっと欠品中で、作業ストップでした。

今週ようやくBOだったハウジングが届きましたので、不具合がないか検品して、これからようやく加工準備です。

今回は、ポート加工だけでなく、良い子は真似しちゃいけない後戻りできない内緒の加工もしちゃいます。
20210615_093702

サーキットでタイムアタックを頑張っているRX-8は、定期点検してみたら、下廻りがオイルでベチャベチャ。
20210530_160059
この前の入庫時にはなかったので、結構最近漏れ始めた予感です。
定期的に点検しておけば、このように早期発見できます。

さて、オイル漏れ箇所を探るのにオイル汚れを辿っていくと…、
20210530_160336
あった!
20210530_171429

フロントカバーのオイルフィルター後からリアハウジングにオイルを送っているオイルパイプのフランジとのつなぎ目からでした。
一旦洗浄してエンジン始動してみると、ジュワーっとオイルが漏れてきます。

このパイプからオイルが漏れたのは初めてなので、さすがに新品在庫もしているわけもなく、とりあえず作業をストップして、パーツオーダー。
広島に在庫があってよかった。

パイプとガスケットが届いて、早速交換です。
20210604_172018
20210604_172028
このパイプ、エンジン補機を組み立てるときに一番最初に付けるパイプ。
ってことは、車上交換では結構奥ってことなので、スロットル、サージタンク、インテークパイプ、オイルパイプなどなど結構バラバラにしないといけません。
20210604_165458
分解中に見えるRX-8後期専用の電磁式メータリングオイルポンプ(緑丸)が超イカしてますね!(死語?笑)

交換とともにオイルで汚れたエンジン周辺、アンダーカバー、サブフレームも洗浄して、
エンジン始動後もオイルが漏れてくることもなく修理完了。

これで安心してサーキットが走れますね。
------------------------------

RX-8後期も2008年のデビューから13年たち、10万キロオーバーと距離の進んだ車両が増えてきました。
うちがリアルチェックなどで点検した実績からすると、後期ではエンジンオイルの流れる経路からのオイル漏れトラブルが多い印象です。
今回のオイルパイプや、フロントカバーのブラインドプラグ、オイルクーラーホースなど、エンジン内から出てエンジン内に戻るまでの外部経路で、どれもカシメ部分が多いです。

これからみんな距離が進めば、オイル漏れする車両は増えてくることでしょうね。


漏れてしまう原因としては、後期のパーツ構成の違いだったり、パーツの劣化とか個体差もあるかもしれませんが、リアルテック的考察では、RX-8前期やRX-7・FD3Sよりも、RX-8後期はそもそもの油圧が高いからかなって思います。
RX-8後期は、レーシングREのようにピーク値で1Mpa(10.2kg/c㎡)くらい掛かりますのでね。(オイル粘度にもよります)
オイルクーラーのところに油圧計を付けて、メーター振り切った人もいることでしょう。

じゃあなんで、前期より油圧設定を上げたのか?って考えると、
電磁メータリングオイルポンプを採用したことか、0w20の低粘度・省燃費オイルを純正指定オイルに入れたからかなと考えてます。

まあ、油圧が高いこと自体は悪いことではないし、そもそも油圧は簡単に変えられないので、オイルが漏れてきたらその都度対処するしかないですけどね。

結局言いたいのは、定期的に点検しようぜってことです!

ここ最近、RX-8前期に追加オイルクーラー取り付けのオーダーを連続していただいております。

今回連続オーダーの取り付け1台目。

リアルテックでは、RX-8への追加オイルクーラーといえば、マツダスピード・オイルクーラー を100%使います。
20210531_143246
理由はいろいろ有りますが、1番は【MAZDASPEED】ブランドだから。(こういうの大事。笑)

そもそも、このオイルクーラーキット自体、RX-8の欧米仕様で標準の純正ツインオイルクーラーの右側とパイプそのものなので、クォリティは間違い有りませんからね。
取り付けもポン付けで簡単です。

さて、今回はフロントバンパーがマツダスピードバンパーなので、本来であればマツダスピードバンパー用オイルクーラーダクトを使いますが、その専用ダクトははるか昔に廃盤です。
ですが、そのままダクト無しでオイルクーラー周辺がスカスカでは、せっかくのクーリング性能を活かせません。

ということで、オイルクーラー付属のゴムダクトをMSのバンパー形状にカットして、FRPの板を切り出してバンパー側とオイルクーラー側にシュラウドを作って取り付けました。
20210531_175855
20210531_181918
前から見ると、オイルクーラーのチューブとフィンだけしか見えないように出来ました。(これ重要)

これで、バンパーから入った走行風は、オイルクーラーだけに当たるようになり、しっかりエンジンオイルをクーリング出来ます。

↑このページのトップヘ