ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2020年09月

筑波サーキットを走るRX-8のタイム上位5台のほとんどが装着している、リアルテックオリジナル・ドライカーボンアンダーパネル。

受注生産になりますが、オーダー分が完成しました。
20200922_195631

今回はちょっとマイナーチェンジというかアップデートというか、より強度を増しまして、アルミハニカムの厚みも部分的に使い分けて軽さも追求しました。
また、タイヤハウス側とサブフレーム側のカーボン単板部分もフリーカットとして、今までよりも大きめに作りました。これで、タイヤ稼動範囲の中である程度攻めたところまで板がくるようになるはず。
ステーを留めるハードポイントも前後に長めにしたので、逆に前側に出すことも出来ます。

ちなみに、このアンダーパネルは前期のマツダスピードフロントバンパーに合わせて作ってあるので、
どこどこのフロントバンパーに付きますか?と質問されても付くかどうかは分かりませんので、ご了承ください。

マツダスピード以外だと、後期マツダE&T Mzカスタムフロントバンパーは装着確認済みでOKです。

2020年10月よりリアルテックの定休日を変更いたします。

今までは毎週水曜日でしたが、
10月からは 

毎週水曜日・第2・4木曜日

となります。

定休日を増やして、最近おろそかになりがちなRE研究やデモカー活動に充てるのが目的です。

自分の性格上、営業日にユーザーカーの作業を止めて研究業などを行うってことがちょっと出来ないので、定休日を増やして、後回しにしがちなことを進めていこうと思います。

何卒よろしくお願いします。
IMG_6582



先日仕様変更をお知らせした、最強のエンジンオイル添加剤 RT-plusですが、ここ最近店頭でも通販でもバカ売れです。
20200917_110457
1本300ml・税込5500円と高額添加剤ですが、その効果は絶大。
入れてもらうとみんなこりゃスゲーってなりますよ。
もちろん、コンプレッションアップも期待できます。

よく、『エンジンオイル添加剤ってREには悪い影響もあるんじゃないか』 と思われている方がいらっしゃいますが、このRT-plusは一般的な添加剤と違って、そもそも高濃度で強力なエンジンオイルなので、心配無用です。

元々は、数年前RT-01を越える性能のエンジンオイルを作ろうと思ったのが始まり。
ただウチみたいな小さいところだと、これ以上高額な商品ラインナップを増やして、たくさんの在庫を持つのはリスクがあるので、RT-01やRT-02、RT-21に添加する形にしてオイルの全体レベルを上げるという方法にしました。
これならうちのオイルに限らず、他社のエンジンオイルにも添加可能ですからね。

RT-plusを入れれば、あなたのエンジンがご機嫌になりますよ。


そして、ここ数日猛烈な勢いでRT-01のご注文を頂いております。
気が付いたら、今朝までにオーダーを頂いた分まででRT-01の在庫がなくなってしまいました…。
こんなこともあろうかと、今月はいつもよりいっぱい作ってたおいたんですがね。
それを越えるオーダー量で計算狂いまくりです。笑
店頭交換分のRT-01も結構ギリギリなので、通販の方はバックオーダーとしての受付になります。
在庫分が全部そろうのは連休明けになりそうです。


この週末は、リアルチェックが多かった。
それとRTオイルへの交換作業を多数行いました。
お帰り後に早速 クルマが速くなった!静かになった!トルクに驚いた!と好インプレ頂きまして、嬉しい限りです♪

また、RTオイルの通販注文も多く頂きました。
皆様、誠にありがとうございます。

通販の方は、本日すべて出荷いたしましたので、到着までもう暫くおまちください。
20200914_142538

RTオイルの性能、じっくり体感してみてください!

RX-7・FD3S 6型のみあるある、クラッチペダル部分についてるインターロックスイッチのストッパーの破損からのエンジン始動出来ないというトラブル。

6型のみ採用されたインターロックスイッチは、クラッチを踏みこまないとエンジンスターターが作動しないという誤発進防止機能。
今時普通ですがね笑

ペダル側についているプラスチックのストッパーが劣化してよく割れます。
20200913_160258
赤丸の部分にストッパーが付きますがなくなると穴が開いた状態になり、スイッチが穴の中を通っちゃいます。
結果、スイッチがオンにならずスターターが回らず、不動になります。
この段階で、だいたいみんなビックリして焦ると思います笑。


キャンセルしちゃうという技も有りますが、せっかくの安全機能なのを止めるのもなんなので、一生壊れないストッパーを取り付けました。
20200913_160426

まあ、ちょうどよいボルト・ナットをつけただけですが笑。
ステンレス製なので割れることなく、今後は同様のトラブルの心配がなくなり安心ですね。

↑このページのトップヘ