ロータリーエンジン一筋!REAL-TECHブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のブログです。 RX-7・RX-8などロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニングをはじめ、ロータリーエンジン研究家としても活動しており、ロータリーエンジンの高効率化を日々探っております。

2018年12月

2018年のリアルテックの営業は、本日で終了です。

何とか年内に収めたい作業は完了しました。


大変お待たせしておりましたRX-8美しすぎるエキマニも出来上がってきました。
イメージ 1
早速一台取り付けとセッティング。
いい感じで空気も吸っております!
イメージ 2
さらに、リアルテック完全オリジナルダンパーであるREAL-SPECダンパーもストリート仕様で仕上げて、取り付けました。
いやあ、乗り心地だけでなくハンドリングもかなりいい感じです♪
フロントの入りやすさ、リアの安定感たまんねっす。

イメージ 3

今年も多くの皆様にご来店いただいたり、遠方の方にもオイルを購入していただいたり、さらには多くの新たな出会いもありました。
皆様ありがとうございました。

来年もロータリーエンジン&REスポーツカー一色で頑張っていきたいと思います。

良いお年を~。

今年残り1週間を切った段階で、作業がてんこ盛り。
昨日の定休日も、作業で追われてました。
年またぎの預かりも有りますが、出来るだけ納車して今年を終わりたいともいます。
さらに通販もいっぱい、飛び込みオイル交換もガシガシやってますので、一日が早い…。

さて、23日のエイトリアンカップでデモカー2台走らせて来ました。

結果から言うと、1年半ぶり登場のニューテックカラーのタイムアタック号が2秒0、
軽量化無しのノーマルエアロ、最低地上高10cm以上のMSV2は3秒8でベスト更新
って結果でした。

気温や路面状況もイマイチでしたが、初めて使ったRE-12Dも色々試せていい感じにデータ取れました。

一年半ぶりに走らせたタイムアタック号もトラブルなく走りきって、バランス的にも問題なしだったので、ベスト更新となりませんでしたが、シーズンインとしてはOKです。
新投入のディフューザーもバッチリ効いてまして、セクター3はアタックラップでは10.8秒を連発でした。
次回に向けて、エアロのせいか落ちてしまった最高速の取り戻しと、タイヤやエアロに合わせてちょっと足回りのセットを変えようかと思います。

MSV2のほうも、1枠だけ走らせました。
RE-12Dだと、ちょっとバネレートが足りないかな?って感じでしたが、バランス的にはこっちもOK。
状況は良くない状況ででしたが、ベストをコンマ1ですが、更新。
気温など状況良ければ、ノーマルエンジンラジアルレコードタイム(3秒3)の更新も出来そうだとのことで、今年で引っ込める予定でしたが、来年もう一回アタックしようかなと思っております。

遅くなりましたが、参加の皆様お疲れ様でした。
イメージ 1
イメージ 2
※走りの写真をいっぱいいただきまして使わせてもらいました。ありがとうございます。

年末に向けて、車高調の取り付けが多いです。

低価格なのに、高品質な車高調でオススメしている、スピリットスペックNも取り付け・アライメント調整して無事納車。
イメージ 1
スペックNだけはKYBからスピリットオリジナルスプリングになりましたが、このスプリングが乗り心地に貢献してる気がします。

さらに年末までに最強ダンパーであるREAL-SPECダンパーの取り付けも控えています。

さて、23日に迫ったエイトリアンカップに向けてデモカーの準備も進めています。

今回は、長年の課題でもあったエアロを進化させてみました。

最初にアンパネを作った時に反っちゃって失敗したものをベースにしてディフューザーを付けました。
なのでハニカム入りのドライカーボンです笑

バンパーもボディ無加工でつけたのですが、思いの外強固につきました。
イメージ 2
どの様な効果が出るか楽しみです。

デモカーで使うエンジンオイルは、RT-01とRT-02を1:1でブレンドして、RT-plusを1本注入したものを使用します。
ウチのオイルは熱を入れれば入れるほど活性化され、性能が高くなってきます。

逆に言うと、性能のピークがまっさらな新油ではありません。

ここが一般的なオイルと違う、ウチのオイルの特徴です。
耐久性があったり、耐熱性が強い所以でもあったりします。


エイトリアンカップなどタイムアタックの場合は、タイヤもコース状況もなんだかんだ朝イチが一番いいことが多いので、アタック1周目・2周目にピークを持っていきたい。
さらに、今度のエイトリアンカップは朝イチ10分は6台でスーパーラップなのでそこにあわせたい。

しかし、新油のままで行くと、1周目どころか2枠目も越えて3枠目にピークが来るので、その朝イチ1枠目はピークよりちょっと低いところの性能になります。(それでも十分パワーでてるんですがね。やっぱりもっとパワー欲しいし笑)

本来は本番前に1回熱入れにサーキット走行をしたいのですが、その時間がない今回のような時はオイルを煮て熱入れ・活性化します。
イメージ 1
これにもやり方があって、やりすぎてもダメで、決められた時間で油温を測りながら、温度計とにらめっこでずっとかき混ぜながら行います。
この際は、IHクッキングヒーターが便利です笑

前回のときは、ピークが1枠目最初に来なかったので、RT-plusを混ぜるタイミングなどちょっとやり方を変えて、さらに高めの温度でやってみました。
イメージ 2
タイムアタックイベントで、1周2周しかしないスーパーラッパーな人にこのオイル活性化サービスもやろうかな。


年末になり寒くなってくると、メンテナンスやセッティング作業がグッと増えてきますね。
週末は、午前・午後ともご来店が多いです。
乾燥の季節なので、説明でしゃべりまくってると喉がきつくなってきます…。

さて、オイル交換作業もジャブジャブやってまして、大人気のRT-01を筆頭としたRTオイルシリーズは在庫が少なくなっております。
特にRT-01の1L缶の在庫数はちょっとヤバイ…。
ご用命の方はお早めにどうぞ。

さらに、車高調の取り付けやアライメント調整、リアルチェック、さらにはお預かりの車両も年末まで納車したいので、どんどん進めています。

どんどんやっていかないと、エイトリアンカップに向けたデモカーの作業が出来ないのです。苦笑
明日は少しは進められるかな。

↑このページのトップヘ