ロータリーエンジン研究所・REAL-TECHのRE的ブログ

茨城県下妻市にあるロータリーエンジン専門店『REAL-TECH』(リアルテック)のロータリーエンジンに特化したRE的ブログです。 RX-7・RX-8など、マツダ・ロータリーエンジン搭載車のメンテナンスやチューニング、セッティングが本業ですが、代表のハマグチは、『ロータリーエンジン研究家』としても活動しており、ロータリーエンジンの過去・現在・未来について日々研究しており、各媒体にRE関連記事の寄稿もしています。 また、RX-7やRX-8のデモカーを用いてロータリーエンジンの高効率の追求も行っており、REのパフォーマンスを高めるためのパーツ・専用オイルなども製作しています。 このブログでは、日々のリアルテックでの作業や、ロータリーエンジンやRX-7・RX-8などのRE車のウンチクも書いてます。

RTオイルをご検討の方はこちらをお読みください

よく聞かれる おすすめのRTオイル
http://realtech.livedoor.blog/archives/6537489.html

2018年11月

今週仕上げのお預かり車両のめどがすべてつきました。

サーキットシーズンに向けてセッティングだったり、エンジンの載せ替え、さらに車検まで。

今日も朝から今までガーーッと休みなく作業して、明日納車の車両はすべて完成。
どれもトラブルなく完成できたのでOK。

寒くなるにつれて作業が立て込んでバタバタしてしまいますが、みなさんお問い合わせはお気軽にどうぞ。

現在、RX-8の中古車を製作しています。

とりあえず、外装をおおよそ仕上がったので笑、画像載せてみます。

RX-8 TYPE-S 86000キロ 無事故車 
イメージ 1

RX-8は今中古車がお手ごろ価格で手に入りますが、買ったばかりでうちに持ち込まれるエイトをリアルチェックしてみてみると、それなりに修理が必要なエイトが多いです。

このRX-8もそんな感じでした。

なので、安心して乗れるように壊れてるところ・壊れかかってるところ・壊れやすいところを直してから、きちっとした状態にして販売しようと思います。

どのように直していったかは、このブログで連載しようと思います。

しかし、直してたらいい感じに愛着が湧いてきてしまったので、売らないとかもあるかも。笑

レブスピード・スーパーバトルに向けて、MSV2の準備。

今回はエアクリーナーボックスをマツ耐のためノーマルを使用していたのを、エアグルーヴに交換しました。
イメージ 1
確実にパワーアップさせるなら、エアクリーナーは間違いなくエアグルーヴですね。

エアグルーヴのダクトがマツダスピードバンパーのネットに当たりますが、ネットを少し曲げればOKです。
ダクトをカットする必要はありません。

ウチは純正のスチールのネットから、アルミのネットに替えてあるので、楽々です。
イメージ 2

パワーアップその1があるから、その2もある予定です。笑




今日は、次号レブスピードの取材でした。

今、中古車でお手ごろなFRスポーツカーのRX-8を買ったあとのメンテナンスや注意ポイントなどをお話ししました。

敷地の工事のため、撮影にご不便おかけしましたが、無事に良い画も撮れたようです♪

特集は結構なページ数になるようですし、楽しみです。

そこまでお金掛けずにサーキットを走り出せて、運転次第では結構速く走れるRX-8は、ベースにはちょうどいいクルマだと思います。


今週は敷地内の駐車スペース整備の工事のため、お預かり作業はなし。

なので、ウチにある車両の作業を進めました。

前に中古車販売用に仕入れたRX-8・TYPE-S・86000キロの点検と整備を進めました。

今まで何百台とRX-8を点検や修理、セッティングをした経験から、多少コストを掛けても安心して乗れるようにツボを押さえて整備したRX-8に仕上げます。

無事故車ですが、現状外装が美しくないので、仕上がるまで画像は無し笑


そして、タイムアタックシーズンに向けて、デモカーの準備を始めました。

12月6日のレブスピードスーパーバトルが最初のアタックになる予定です。

参加車両は、マツ耐でも使った、マツダスピードバージョンの方で、参加クラスはストリートライトクラスです。

今日は、マツ耐仕様の足回りをタイムアタック仕様に変更しました。
主にはスプリングレートの変更と、アライメント調整です。
イメージ 1
イメージ 2

さらに、エンジンコンプレッションも測ってみたら、なんかマツ耐参戦前より、80~100kpaくらい上がってました。笑

デモカーのエンジンは諸々の事情でw、シール以外は中古パーツの寄せ集めで作るので、もともとコンプレッションが高くありませんが、マツ耐前に色々細工した成果か、やっとエンジンの当たりが付ききったのか、全体的に約900kpa近くもあっていい感じです。

↑このページのトップヘ